The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

August 26, 1999 Vol. 341 No. 9

女性の冠動脈心疾患の予防における歩行と強度の 運動を比較した前向き研究
A Prospective Study of Walking as Compared with Vigorous Exercise in the Prevention of Coronary Heart Disease in Women

J.E. MANSON AND OTHERS

背景

冠動脈心疾患の予防において強度の運動と比較したときの歩行の役割については論争が続いているが,この問題に関する女性のデータは少ない.

方 法

総身体活動,歩行,および強度の運動のスコアと,冠動脈イベントの発生との関連性について,1986 年に年齢が 40 ~ 65 歳であった女性看護婦 72,488 例を対象として前向きの調査を行った.本研究の参加者は,参加時点において心血管系の疾患または癌の診断を受けておらず,繰り返し行った身体活動に関する詳細な質問票に回答した.8 年間の追跡調査期間中に,645 件の冠動脈イベント(非致死的心筋梗塞または冠動脈疾患による死亡)を医療記録によって確認した.

結 果

身体活動と冠動脈イベントのリスクには,強い段階的な逆の関連性が認められた.エネルギー消費(代謝当量[ MET ]スコアとして表示)が最小五分位点群の女性と比較すると,それぞれの五分位点群の女性の冠動脈イベントの年齢で補正した相対危険度は,エネルギー消費が少ない順に 0.77,0.65,0.54,および 0.46 であった(傾向に関する p 値,< 0.001).この逆勾配は,多変量解析でも強い傾向を示したままであった(最小五分位点群の女性と比較したときの各五分位点群の女性の相対危険度,エネルギー消費が少ない順に 0.88,0.81,0.74,および 0.66; 傾向に関する p = 0.002).歩行にも,冠動脈イベントのリスクとの逆の関連が認められた; 歩行の最大五分位点群の女性,すなわち早歩きで 1 週間に 3 時間以上に相当する歩行をしていた女性は,まれにしか歩いていなかった女性と比較した多変量相対危険度が 0.65(95%信頼区間,0.47 ~ 0.91)であった.さらに,定期的な強度の運動(≧ 6 MET)にも,同様のリスク低下との関連が認められた(30 ~ 40%).中年あるいはそれ以降に活動的になった運動不足であった女性は,これらの女性に対応した運動不足のままの女性よりも冠動脈イベントのリスクが低下していた.

結 論

以上の今回の前向き研究で得られたデータは,早歩きと強度の運動が,女性における冠動脈イベントの発生の実質的かつ同程度の低下と関連があることを示している.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1999; 341 : 650 - 8. )