The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 21, 2016 Vol. 374 No. 16

虚血性心筋症患者に対する冠動脈バイパス術
Coronary-Artery Bypass Surgery in Patients with Ischemic Cardiomyopathy

E.J. Velazquez and Others

背景

冠動脈疾患,心不全,重度の左室収縮機能不全を有する患者に対して,ガイドラインに基づく薬物療法に加えて冠動脈バイパス術(CABG)を施行した場合に,薬物療法単独と比較して生存への利益が得られるかどうかは明らかにされていない.

方 法

2002 年 7 月~2007 年 5 月に,駆出率が 35%以下で,CABG の適応がある冠動脈疾患を有する 1,212 例を,薬物療法に CABG を追加で施行する群(CABG 群,610 例)と薬物療法を単独で行う群(薬物療法群,602 例)に無作為に割り付けた.主要転帰は全死因死亡とした.主な副次的転帰は,心血管系死亡や,全死因死亡または心血管系の原因による入院の複合などとした.追跡期間中央値はこの延長追跡試験を含めて 9.8 年であった.

結 果

主要転帰イベントは,CABG 群の 359 例(58.9%)と薬物療法群の 398 例(66.1%)で発生した(CABG 群の薬物療法群に対するハザード比 0.84,95%信頼区間 [CI] 0.73~0.97,log-rank 検定で P=0.02).CABG 群の 247 例(40.5%)と薬物療法群の 297 例(49.3%)が心血管系の原因で死亡した(ハザード比 0.79,95% CI 0.66~0.93,log-rank 検定で P=0.006).全死因死亡または心血管系入院は,CABG 群の 467 例(76.6%)と薬物療法群の 524 例(87.0%)で発生した(ハザード比 0.72,95% CI 0.64~0.82,log-rank 検定で P<0.001).

結 論

虚血性心筋症患者集団における 10 年間の全死因死亡率,心血管系死亡率,全死因死亡または心血管系入院の複合発生率は,薬物療法に CABG を追加施行した群のほうが薬物療法のみを行った群よりも有意に低かった.(米国国立衛生研究所から研究助成を受けた.STICH 試験 [および STICHES 試験]:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT00023595)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2016; 374 : 1511 - 20. )