The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 7, 2017 Vol. 377 No. 23

現代のホルモン避妊法と乳癌のリスク
Contemporary Hormonal Contraception and the Risk of Breast Cancer

L.S. Mørch and Others

背景

現代のホルモン避妊法が乳癌のリスクが高いことに関連するかどうかはほとんどわかっていない.

方 法

デンマークにおいて,癌または静脈血栓塞栓症の既往がなく,不妊症治療歴もない 15~49 歳のすべての女性を対象とした全国規模の前向きコホート研究で,ホルモン避妊法の使用と浸潤性乳癌のリスクとの関連を評価した.全国登録から,ホルモン避妊法の使用,乳癌の診断,可能性のある交絡因子について個別に更新される情報を入手した.

結 果

平均 10.9 年間追跡された女性 180 万例(計 1,960 万人年)において,乳癌は 11,517 例で発生した.ホルモン避妊法の使用歴のない女性と比較して,ホルモン避妊法を現在使用している,または最近まで使用していた女性全例における乳癌の相対リスクは 1.20(95%信頼区間 [CI] 1.14~1.26)であった.このリスクは使用期間が 1 年未満で 1.09(95% CI 0.96~1.23)であり,10 年を超えると 1.38(95%CI 1.26~1.51)に上昇した(P=0.002).ホルモン避妊法の中止後も,使用期間が 5 年以上の女性で,ホルモン避妊薬の使用歴のない女性と比較して乳癌のリスクが高かった.各種混合型(エストロゲン-プロゲスチン)経口避妊薬を現在使用している,または最近まで使用していたことに関連するリスクの推定値には 1.0~1.6 の幅があった.プロゲスチン単独による子宮内器具を現在使用している,または最近まで使用していた女性も,ホルモン避妊薬の使用歴のない女性と比較して乳癌のリスクが高かった(相対リスク 1.21,95% CI 1.11~1.33).なんらかのホルモン避妊薬を現在使用している,または最近まで使用していた女性における乳癌の診断の,絶対値での全体的な増加は 100,000 人年あたり 13 件(95% CI 10~16)であり,7,690 人がホルモン避妊法を 1 年間使用するごとに乳癌が約 1 件増加したことになる.

結 論

乳癌のリスクは,現代のホルモン避妊薬を現在使用している,または最近まで使用していた女性のほうが,ホルモン避妊薬の使用歴のない女性よりも高く,このリスクは使用期間に伴い上昇したが,リスクの絶対値での増加は小さかった.(Novo Nordisk 財団から研究助成を受けた.)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2017; 377 : 2228 - 39. )