The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 28, 2017 Vol. 377 No. 26

治療抵抗性 B 細胞リンパ腫に対するキメラ抗原受容体発現 T 細胞
Chimeric Antigen Receptor T Cells in Refractory B-Cell Lymphomas

S.J. Schuster and Others

背景

免疫化学療法や移植を行っても治療抵抗性を示すか再発するびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫または濾胞性リンパ腫の患者の予後は不良である.B 細胞癌では,CD19 を標的とするキメラ抗原受容体(CAR)で改変された T 細胞投与の高い奏効率が報告されているが,B 細胞リンパ腫でのデータは限られている.

方 法

再発したか,これまでの治療に抵抗性を示したびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫または濾胞性リンパ腫の患者の治療に,CD19 標的 CAR(CTL019)を発現している自己 T 細胞を使用した.治療効果,毒性,in vivo における CTL019 細胞の増殖と残存,免疫回復を観察した.

結 果

リンパ腫の成人患者計 28 例が CTL019 細胞の投与を受け,うち 18 例で効果が認められた(64%,95%信頼区間 [CI] 44~81).完全寛解は,びまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫の 14 例中 6 例(43%,95% CI 18~71)と,濾胞性リンパ腫の 14 例中 10 例(71%,95% CI 42~92)で認められた.CTL019 細胞は in vivo で増殖し,効果が認められた患者と認められなかった患者の血液・骨髄中で検出された.寛解は維持され,追跡期間中央値 28.6 ヵ月の時点で,効果が認められたびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫患者の 86%(95% CI 33~98)と,効果が認められた濾胞性リンパ腫患者の 89%(95% CI 43~98)で効果は持続していた.重度のサイトカイン放出症候群が 5 例(18%)に発現した.重篤な脳症が 3 例(11%)に発現し,2 例は自然軽快し,1 例は致死的であった.6 ヵ月まで完全寛解を維持していた全例が導入後 7.7~37.9 ヵ月(中央値 29.3 ヵ月)の時点で寛解を維持しており,B 細胞の再出現は 16 例中 8 例で持続し,6 ヵ月以降に IgG 値の改善が 10 例中 4 例,IgM 値の改善が 10 例中 6 例にみられ,18 ヵ月以降に IgA 値の改善が 10 例中 3 例にみられた.

結 論

再発性または治療抵抗性のびまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫と濾胞性リンパ腫の治療に CTL019 細胞は有効である可能性がある.寛解維持率は高く,一部の患者で B 細胞と免疫グロブリンが回復した.一過性脳障害が 3 例に約 1 例の割合で発現し,重度のサイトカイン放出症候群が 5 例に約 1 例の割合で発現した.(Novartis 社ほかから研究助成を受けた.ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT02030834)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2017; 377 : 2545 - 54. )