The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

August 24, 2017 Vol. 377 No. 8

強化血圧治療が患者報告アウトカムに及ぼす影響
Effect of Intensive Blood-Pressure Treatment on Patient-Reported Outcomes

D.R. Berlowitz and Others

背景

すでに公表された収縮期血圧介入(SPRINT)試験の結果では,高血圧で心血管リスクの高い非糖尿病患者において,収縮期血圧の目標値を 120 mmHg 未満とする群(強化治療群)に割り付けられた例は,目標値を 140 mmHg 未満とする群(標準治療群)に割り付けられた例と比較して,心血管イベントの発生率が低かった.強化治療が患者報告アウトカムに影響を及ぼしたのかどうかは明らかではなかったため,それに関する結果を報告する.

方 法

高血圧患者 9,361 例を,収縮期血圧の目標値を 120 mmHg 未満とする群と,140 mmHg 未満とする群に無作為に割り付けた.患者報告アウトカム指標は,退役軍人 RAND 12 項目健康調査の身体的健康度サマリー(PCS)スコアおよび精神的健康度サマリー(MCS)スコア,患者健康質問票 9 項目のうつ病評価尺度(PHQ-9)スコア,血圧治療および降圧薬投与の患者報告満足度,降圧薬の服薬アドヒアランスなどとした.すべての参加者,身体機能および認知機能で層別化した参加者において,強化治療群と標準治療群とでスコアを比較した.

結 果

強化治療を受けた患者は,平均 1 種類の降圧薬を追加して投与され,収縮期血圧は強化治療群が標準治療群よりも 14.8 mmHg(95%信頼区間 14.3~15.4)低かった.追跡期間中央値 3 年間で PCS,MCS,PHQ-9 の平均スコアに相対的変動はなく,群間で有意差は認められなかった.身体機能または認知機能のベースライン測定値で患者を層別化しても,群間で有意差は認められなかった.血圧治療の満足度は両群で高く,降圧薬の服薬アドヒアランスにも有意差は認められなかった.

結 論

収縮期血圧 120 mmHg 未満を目標とする強化治療を受けた患者の患者報告アウトカムは,身体機能または認知機能が低下した例を含めて,標準治療を受けた患者と同等であった.(米国国立衛生研究所から研究助成を受けた.SPRINT 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT01206062)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2017; 377 : 733 - 44. )