The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

February 1, 2018 Vol. 378 No. 5

小児および若年成人の B 細胞性リンパ性白血病患者に対するチサゲンレクロイセル
Tisagenlecleucel in Children and Young Adults with B-Cell Lymphoblastic Leukemia

S.L. Maude and Others

背景

単一施設の第 1・2a 相試験で,再発または難治性の B 細胞性急性リンパ性白血病(ALL)の小児および若年成人において,抗 CD19 キメラ抗原受容体(CAR)発現 T 細胞療法であるチサゲンレクロイセル(tisagenlecleucel)は完全寛解率が高く,治療に伴う毒性は重篤であったが大半は可逆的であった.

方 法

25 施設の単一コホートで,再発または難治性の CD19 陽性 B 細胞性 ALL の小児および若年成人を対象に,チサゲンレクロイセルの国際共同第 2 相試験を行った.3 ヵ月以内の全寛解率(完全寛解または造血回復が不十分な完全寛解の割合)を主要エンドポイントとした.

結 果

計画された解析に対して,75 例がチサゲンレクロイセル投与を受け,有効性を評価しえた.3 ヵ月以内の全寛解率は 81%で,フローサイトメトリーにより評価した微小残存病変は,治療効果が認められた全例で陰性であった.無イベント生存率と全生存率は,6 ヵ月の時点でそれぞれ 73%(95%信頼区間 [CI] 60~82)と 90%(95% CI 81~95)であり,12 ヵ月の時点で 50%(95% CI 35~64)と 76%(95% CI 63~86)であった.寛解持続期間中央値は未到達であった.チサゲンレクロイセルの血中の残存は最長 20 ヵ月間認められた.チサゲンレクロイセルとの関連が疑われたグレード 3 または 4 の有害事象は患者の 73%で発現した.サイトカイン放出症候群が患者の 77%で出現し,うち 48%にトシリズマブが投与された.神経学的イベントは患者の 40%で出現して支持療法で管理され,脳浮腫は報告されなかった.

結 論

CAR T 細胞療法の国際共同試験で,再発または難治性の B 細胞性 ALL の小児および若年成人に対して単回注入するチサゲンレクロイセルは,血中に長期残存し,寛解が持続した.毒性は一過性のグレードの高いものであった.(Novartis Pharmaceuticals 社から研究助成を受けた.ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT02435849)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2018; 378 : 439 - 48. )