The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次

    本誌に掲載された記事の一覧です.

May 29, 1997
Vol. 336 No. 22

  • ORIGINAL ARTICLES

    • 短報:難聴に関連した QT 延長症候群の分子的基礎
      I. SPLAWSKI, K.W. TIMOTHY, G.M. VINCENT, D.L. ATKINSON, AND M.T. KEATING

      1562
  • IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

    • 先天性 QT 延長症候群
      J. BENHORIN AND A. MEDINA

      1568
  • SPECIAL ARTICLE

  • REVIEW ARTICLE

    • 疾患のメカニズム:イオンチャンネル―基礎科学と臨床的疾患
      M.J. ACKERMAN AND D.E. CLAPHAM

      1575
  • CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

    • 嘔吐,血性下痢と高窒素血症を示す 67 歳女性
      J.L. SEIFTER AND V. NICKELEIT

      1587
  • EDITORIALS

    • 鼠径部ヘルニアを修復する従来の方法と新しい方法
      J.L. MEAKINS AND J.S. BARKUN

      1596
    • シクロスポリア症とラズベリー―将来への教訓
      M.T. OSTERHOLM

      1597
    • イオンチャンネル―分子的占い棒は臨床徴候を言い当てる
      E.P. HOFFMAN AND K. GARDNER

      1599
  • SOUNDING BOARD

    • 米国保健サービス集団と都市部の病院
      F. MULLAN

      1601
  • CORRESPONDENCE

    • 冠動脈バイパス手術後の有害な脳の転帰

      1601
    • 入院時の医師の専門によって異なる急性心筋梗塞の転帰

      1607
    • パミドロネートと転移性乳癌

      1609
    • 人工呼吸の期間

      1610
    • 嚢胞性線維症の子供の血清コラーゲンVI 濃度による肝線維症の予測

      1611
    • 燕下困難のまれな原因

      1612
    • 気管中部の狭窄

      1613
    • ベトナム旅行後のツツガムシ病

      1613
  • BOOK REVIEWS

    1615
  • NOTICES

    1618
  • INFORMATION FOR AUTHORS

    1620