The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次

    本誌に掲載された記事の一覧です.

December 24, 1998
Vol. 339 No. 26

  • ORIGINAL ARTICLES

  • IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

    • 「微笑む」肺胞マクロファージ
      F. PARAF

      1896
  • SPECIAL ARTICLE

  • REVIEW ARTICLE

    • 疾患のメカニズム: 免疫と寛容における抗原の局在と遊走
      T.E. STARZL AND R.M. ZINKERNAGEL

      1905
  • CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

    • 再発性弛張性神経障害の 13 歳少女
      J.F. DASHE AND P.J. BOYER

      1914
  • EDITORIALS

    • リスク補正かリスク回避か ?
      J.P. KASSIRER AND M. ANGELL

      1925
    • ヒト免疫不全ウイルス感染症の人々の医療
      R. STEINBROOK

      1926
    • Helicobacter pylori 菌と非潰瘍性消化不良
      L.S. FRIEDMAN

      1928
    • 胸痛部門―ゴールデンアワーの準備はできているか ?
      L.K. NEWBY AND D.B. MARK

      1930
  • SOUNDING BOARD

    • メディケア均一割り当て医療に対してより公正に支払う
      L.I. IEZZONI, J.Z. AYANIAN, D.W. BATES, AND H.R. BURSTIN

      1933
  • INFORMATION FOR AUTHORS

    1939
  • CORRESPONDENCE

    • 転移性乳癌におけるクロドロネート

      1940
    • ヒト顆粒球エールリッヒ症の周産期伝播

      1941
    • 医療介入による平均余命の伸び

      1943
    • ロクソスセレス症

      1944
    • チューインガムが Helicobacter pylori 菌を殺す

      1946
    • 丸い頬と内臓脂肪との関連

      1946
    • 鉱油のリスク

      1947
  • BOOK REVIEWS

    1949
  • NOTICES

    1951
  • CORRECTION

    • 医療介入による平均余命の伸び

      1944
  • HEALTH POLICY REPORT

    • リスク補正に関するディベート
      R. KUTTNER

      1952