The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

October 5, 2017
Vol. 377 No. 14

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 安定心血管疾患におけるリバーロキサバン
    Rivaroxaban in Stable Cardiovascular Disease

    安定心血管疾患患者では,リバーロキサバン+アスピリン投与例で,アスピリン単独投与例と比較して主要心血管イベントの発生は少なかったが,重大な出血イベントの発生が多かった.リバーロキサバン単独投与例では,アスピリン単独投与例と比較して主要心血管イベントの発生は減少しなかった.

  • 濾胞性リンパ腫におけるオビヌツズマブとリツキシマブとの比較
    Obinutuzumab vs. Rituximab in Follicular Lymphoma

    オビヌツズマブは,リツキシマブとは異なる殺細胞機構を誘導するように改変された抗 CD20 抗体である.化学療法にオビヌツズマブまたはリツキシマブを併用する試験で,寛解導入後同じ抗体で維持療法を 2 年間行うと,オビヌツズマブでは無増悪生存期間が延長した.

  • 悪性黒色腫におけるニボルマブとイピリムマブの併用
    Combined Nivolumab and Ipilimumab in Melanoma

    未治療の進行期悪性黒色腫患者では,ニボルマブ単独,ニボルマブとイピリムマブの併用のいずれによっても,イピリムマブ単独と比較して全生存期間が延長した.この併用は毒性の発現率が高いことに関連した.

REVIEW ARTICLES

  • 非劣性試験
    Noninferiority Trials

    この総説で著者らは,非劣性試験のデザインの特徴と課題について,非劣性試験に必須の 7 つの特性を含めて考察している.

  • アルコール使用障害における電解質異常
    Electrolyte Disturbances in Alcohol-Use Disorder

    電解質異常は慢性アルコール使用障害患者によくみられる.この総説では,電解質異常について考察し,関連する電解質障害の生理学的特徴と治療アプローチとの相互関係に焦点を合わせている.

CLINICAL PROBLEM-SOLVING

  • 不安定の要素
    An Element of Unsteadiness

    61 歳の女性が,不安定歩行が徐々に進行し,起立不能になったため受診した.1 年前から手足のしびれと刺痛があった.

STATISTICS IN MEDICINE

  • 実用的臨床試験の per-protocol 解析
    Per-Protocol Analyses of Pragmatic Trials

    実用的臨床試験は,治療選択肢に関する現場の問題に取り組むことを目的としてデザインされる.この記事では,このような試験の per-protocol 解析や intention-to-treat 解析から生じうる問題を取り上げ,別の解析手法を概説し,そのなかからどのように選択すればよいかを指南する.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 「曲芸をする」シラミ
    “Acrobatic” Lice

    「曲芸をする」シラミ

    65 歳の男性が,6 週前から続く鼠径部の重度の瘙痒のため受診した.ダーモスコピーで認められた,カニのような形状をした寄生虫が陰毛に沿って移動する様子を動画で紹介する.

CLINICAL PROBLEM-SOLVING VIDEOS

  • 歩行試験
    Gait Testing

    歩行試験

    不安定歩行が徐々に進行し,起立不能になって受診した 61 歳の女性の歩行試験の様子を,治療の開始前と開始後に撮影された動画で紹介する.

NEJM QUICK TAKE

  • 濾胞性リンパ腫を治療する
    Treating Follicular Lymphoma

    濾胞性リンパ腫を治療する

    濾胞性リンパ腫患者の多くはいずれ再発するが,早期の増悪は生存期間の短縮に関連する.無増悪生存期間を延長する安全かつ有効な方法はあるか? 新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 患者の視点を得る
    Getting the Patient’s Perspective

    患者報告アウトカムを評価することで,患者と医師の両方がどのような恩恵を受けることができるかについて,Neil Wagle が論じている.