The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

November 2, 2017
Vol. 377 No. 18

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 脊髄性筋萎縮症に対する遺伝子療法
    Gene Therapy for Spinal Muscular Atrophy

    脊髄性筋萎縮症 1 型の患児 15 例に,SMN 含有アデノウイルスの単回投与による遺伝子置換療法が行われた.特徴が明らかにされている歴史的コホートとは著しく異なり,全例が 2 年以上生存し,大半が運動マイルストーンを達成した.

  • 脊髄性筋萎縮症に対するヌシネルセン
    Nusinersen for Spinal Muscular Atrophy

    脊髄性筋萎縮症の乳児を対象とした第 3 相試験において,ヌシネルセンを投与した児は,偽処置を行った児よりも,主要な運動マイルストーンを達成する割合が高く,永続的呼吸補助を必要とする割合が低かった.

  • 思春期 1 型糖尿病における ACE 阻害薬とスタチン
    ACE Inhibitors and Statins in Type 1 Diabetes

    思春期 1 型糖尿病の患児に,アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬+プラセボ,スタチン+プラセボ,ACE 阻害薬+スタチン,プラセボ+プラセボの 4 レジメンのいずれかを行った.いずれのレジメンによっても,2~4 年間のアルブミン排泄に変化はみられなかった.

  • 宇宙飛行士の脳構造に宇宙飛行が与える影響
    Effects of Spaceflight on Astronaut Brain Structure

    長期宇宙飛行の前後に撮影された MRI 画像により,脳の上方偏位,中心溝の狭小化,頭頂部での髄液腔の狭小化が認められた.これらの影響は,短期飛行例ではほとんどみられなかった.

REVIEW ARTICLE

  • 慢性腎臓病の栄養管理
    Nutritional Management of Chronic Kidney Disease

    慢性腎臓病(CKD)患者の栄養状態は一般に不良であり,食事の調整を必要とする.この総説では,成人の CKD の栄養管理のいくつかの側面について考察している.

CLINICAL PROBLEM-SOLVING

  • 診断のために 1 周まわって戻る
    Circling Back for the Diagnosis

    28 歳の男性が腹痛,悪心,嘔吐を訴えて救急受診した.6 週間前から右上・下腹部に間欠的な痛みがあり,摂食により悪化し,通常は制酸薬により 1~2 時間以内に軽減したという.

PERSPECTIVE

  • プライマリケアにおける支出率
    Primary Care Spending Rate

    医療制度の資源のうち,臨床医の収入,医療の質に対する支払い,症例管理業務,医療情報技術といったプライマリケアに充てられる割合は,価値の高い医療に向けた方向性の評価に使用できるかもしれない.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 爪床近位の白色爪真菌症として現れる HIV 感染症
    HIV Manifesting as Proximal White Onychomycosis

    爪床近位の白色爪真菌症として現れる HIV 感染症

    48 歳の男性が,第 1 趾の爪の白色変化と角化が,爪床の近位から遠位へ短期間で広がったため受診した.この非定型的な爪真菌症の所見をもとに,根底にある免疫抑制の検査が行われた.

CLINICAL PRACTICE AUDIO

  • 酒さ
    Rosacea

    酒さは,よくみられる慢性顔面皮膚疾患であり,紅斑,丘疹,膿疱,毛細血管拡張,潮紅,腫瘤状の変化,眼症状を特徴とする.管理には,誘発因子の除去,スキンケア,特徴的症状を標的にした治療などがある.

NEJM QUICK TAKE

  • 脊髄性筋萎縮症の転帰を改善する
    Improving Outcomes in Spinal Muscular Atrophy

    脊髄性筋萎縮症の転帰を改善する

    脊髄性筋萎縮症は,乳児期に発症する進行性の運動ニューロン疾患である.運動マイルストーンを達成できず,2 歳までに死亡するか,人工呼吸管理が必要になる.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

ORIGINAL ARTICLE VIDEOS

  • 宇宙飛行後の宇宙飛行士の脳にみられた変化
    Changes to the Brain in Astronauts after Spaceflight

    宇宙飛行後の宇宙飛行士の脳にみられた変化

    宇宙飛行士の長期飛行群 12 例と短期飛行群 6 例のシネ MRI 画像が得られた.2 名の神経放射線科医が読影したとおり,長期飛行と短期飛行の影響の違いが示されている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 母体死亡率に取り組む
    Addressing Maternal Mortality

    米国における母体の転帰の傾向と格差について,Rose Molina が論じている.