The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 30, 1998 Vol. 338 No. 18

米国におけるミフェプリストンとミソプロストールによる早期妊娠中絶
EARLY PREGNANCY TERMINATION WITH MIFEPRISTONE AND MISOPROSTOL IN THE UNITED STATES

I.M. SPITZ AND OTHERS

背景

 ミフェプリストンとプロスタグランジンは,ヨー ロッパと中国で妊娠中絶に用いられて,好成績を収めている.われわれは,妊娠 9 週までの女性におけるミフェプリストンとミソプロストールの米国での大規模試験の結果を報告する.

方 法

 17 の施設で,妊娠中絶を希望する女性 2,121 人に,ミフェプリストン 600 mg を投与してその 2 日後にミソプロス トール 400 m g を投与した.ミソプロストールの投与後 4 時間患者を観察し,15 日目に最終評価のため再来させた.

結 果

 女性 2,015 人が最終評価を終了した.その中で,妊娠 49 日以内の女性では 827人中 762 人(92%)に流産が起り,妊娠 50 ~ 56 日の女性では 678 人中 563 人(83%),そして妊娠 57 ~ 63 日の女性では 510 人中 395 人(77%)(p < 0.001)に流産が起った.女性の 49%では,ミソプロストール投与後 4 時間以内に流産が起り,75%では 24 時間以内に起った.医学的理由,または患者の要請,中絶が不完全,もしくは妊娠が進行中であったために,外科的処置を必要とする症例として定義する中絶の失敗は,妊娠期間が長くなるにつれて増加した.中絶の失敗がもっとも増加したのは,妊娠の継続による失敗の場合で,49 日以内の群での 1%から 57 ~ 63 日群の 9%へと増加した(p < 0.001).腹痛,吐き気,嘔吐,下痢,そして膣出血もまた,妊娠齢の進行に伴って増加した.入院,外科的処置の実施,そして静脈内補液の実施は,49 日以内群の女性では 2%,これに対し他の 2 群ではそれぞれ 4%であった.

結 論

 このミフェプリストン-ミソプロストール療法は,とくに妊娠 49 週以内の女性では妊娠中絶に有効である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1998; 338 : 1241 - 7. )