The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 7, 2000 Vol. 343 No. 23

慢性 C 型肝炎と肝硬変の合併患者におけるペグインターフェロン α - 2a (Peginterferon Alfa - 2a)
Peginterferon Alfa - 2a in Patients with Chronic Hepatitis C and Cirrhosis

E.J.HEATHCOTE AND OTHERS

背景

 肝硬変患者における C 型肝炎ウイルス(HCV)の慢性感染症は,治療が困難である.肝硬変を合併していない慢性 C 型肝炎の患者においては,40 kd の分枝ポリエチレングリコールの機能基を付加することによって修飾されたインターフェロン(ペグインターフェロンα - 2a)の 1 週間に 1 回の投与が,非修飾インターフェロンのレジメンよりも有効である.そこで,われわれは,HCV に関連した肝硬変または架橋線維症の患者において,このペグインターフェロンα - 2a の有効性および安全性について検討した.

方 法

 肝硬変または架橋線維症の患者 271 例を,インターフェロンα - 2a の 300 万単位を 1 週間に 3 回(88 例),またはペグインターフェロンα - 2a の 90 μg を 1 週間に 1 回(96 例),ペグインターフェロンα - 2a の 180 μg を 1 週間に 1 回(87 例)皮下投与する治療に無作為に割り付けた.これらの治療を 48 週間行い,その後 24 週間の追跡調査期間を設けた.有効性の評価は,HCV の RNA 量とアラニンアミノ転移酵素の測定,および肝臓の生検検体の評価によって行った.組織学的効果は,22 点制組織学的活動度指数(the 22-point Histological Activity Index)が少なくとも 2 ポイント低下することと定義した.

結 果

 Intention-to-treat 解析では,HCV の RNA 量が試験 72 週目に検出限界以下であった患者の割合は,インターフェロンα - 2a,ペグインターフェロンα - 2a の 90 μg,および 180 μg のそれぞれの治療において,8%,15%,および 30%であった(ペグインターフェロンα - 2a の 180 μg とインターフェロンα - 2a の比較で,p = 0.001).アラニンアミノ転移酵素値が試験 72 週目に正常化していた患者の割合は,それぞれの治療において 15%,20%,および 34%であった(ペグインターフェロンα - 2a の 180 μg とインターフェロンα - 2a の比較で,p = 0.004).組織学的効果の 72 週目における有効率は,治療前と試験 72 週目の肝臓の生検検体が共に採取されていた 184 例の患者の部分集団では,それぞれの治療において 31%,44%,および 54%であった(ペグインターフェロンα - 2a の 180 μg とインターフェロンα - 2a の比較で,p = 0.02).忍容性は,三つのすべての治療で同程度であった.

結 論

 慢性 C 型肝炎と肝硬変または架橋線維症を合併している患者では,ペグインターフェロンα - 2a の 180 μg を 1 週間に 1 回投与する治療が,標準的なインターフェロンα - 2a の 300 万単位を 1 週間に 3 回投与する治療よりも有意に効果がある.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 1673 - 80. )