The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

February 7, 2019 Vol. 380 No. 6

急性細菌性皮膚・軟部組織感染症に対するオマダサイクリン
Omadacycline for Acute Bacterial Skin and Skin-Structure Infections

W. O’Riordan and Others

背景

急性細菌性皮膚・軟部組織感染症は,高い合併症発症率と医療費を伴う.オマダサイクリン(omadacycline)は,1 日 1 回で経口または静脈内投与可能なアミノメチルサイクリン系抗菌薬であり,このような感染症を高頻度に引き起こす病原体に対し,抗菌薬耐性株を含めて活性を示す.

方 法

二重盲検試験で,急性細菌性皮膚・軟部組織感染症の成人を,1:1 の割合でオマダサイクリン群(100 mg を 12 時間間隔で 2 回静脈内投与し,その後は 24 時間ごとに投与)とリネゾリド群(600 mg を 12 時間ごとに静脈内投与)に無作為に割り付けた.3 日間投与した後,それぞれオマダサイクリンの経口投与(300 mg を 24 時間ごと),リネゾリドの経口投与(600 mg を 12 時間ごと)への移行を可能とし,総投与期間は 7~14 日とした.主要評価項目は,48~72 時間の時点における早期臨床効果とし,他の抗菌薬による救済治療を受けることなく,病変が 20%以上縮小し生存していることと定義した.副次的評価項目は,最終投与から 7~14 日後の投与後評価の時点での担当医師の評価による臨床効果とし,臨床効果は感染の徴候・症状がそれ以上の抗菌薬療法が不要なレベルまで消失または改善し,生存していることと定義した.両評価項目について,非劣性マージンは 10 パーセントポイントとした.

結 果

修正 intention-to-treat 集団において,オマダサイクリン(316 例)は,早期臨床効果に関してリネゾリド(311 例)に対する非劣性を示した(奏効割合はそれぞれ 84.8%と 85.5%,差 -0.7 パーセントポイント,95%信頼区間 [CI] -6.3~4.9).投与後評価時の担当医師の評価による臨床効果についても,修正 intention-to-treat 集団(奏効割合はそれぞれ 86.1%と 83.6%,差 2.5 パーセントポイント,95% CI -3.2~8.2)と臨床 per-protocol 集団(奏効割合はそれぞれ 96.3%と 93.5%,差 2.8 パーセントポイント,95% CI -1.0~6.9)において,オマダサイクリンはリネゾリドに対して非劣性を示した.両群において,メチシリン感受性黄色ブドウ球菌とメチシリン耐性黄色ブドウ球菌の感染に対する試験薬の有効性は同程度であった.有害事象はオマダサイクリン群の 48.3%とリネゾリド群の 45.7%で報告され,両群でもっとも多く認められたのは消化器系有害事象(それぞれ 18.0%と 15.8%)であった.

結 論

オマダサイクリンは,急性細菌性皮膚・軟部組織感染症の治療に関して,リネゾリドに対して非劣性を示し,安全性プロファイルは類似していた.(パラテックファーマシューティカルズ社から研究助成を受けた.OASIS-1 試験:ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT02378480)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2019; 380 : 528 - 38. )