The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語サマリーBRIEF REPORT

BNT162b2 ワクチンの接種を受けた SARS-CoV-1 感染生存者における汎サルベコウイルス中和抗体
Pan-Sarbecovirus Neutralizing Antibodies in BNT162b2-Immunized SARS-CoV-1 Survivors

C.-W. Tan and Others

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2(SARS-CoV-2)の「懸念される変異株」の出現は,現在のワクチンの有効性に課題を突き付けている.ワクチンは既知の「懸念される変異株」,そして将来の「懸念される変異株」によって引き起こされる感染を予防するだけでなく,出現前のサルベコウイルス(すなわち,将来ヒトに疾患を引き起こす可能性のあるウイルス)への感染を予防できるのが理想的であると思われる.ここでは,重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 1(SARS-CoV-1)感染の生存者にメッセンジャー RNA(mRNA)ワクチン BNT162b2 を接種することで,強力な,クレード間交差性の汎サルベコウイルス中和抗体が誘導されることを示すデータを提示する.誘導された高力価の広域中和抗体は,既知の「懸念される変異株」だけでなく,コウモリとセンザンコウで同定されている,ヒトに感染を起こす可能性のあるサルベコウイルスに対しても中和能を有する.これらの知見は,汎サルベコウイルスワクチン戦略の実現可能性を示している.(シンガポール国立研究財団,シンガポール国立医学研究協議会から研究助成を受けた.)

オリジナルサイト(DOI: 10.1056/NEJMoa2108453)