The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

イスラエルにおける BNT162b2 ワクチン接種後の免疫の減衰
Waning Immunity after the BNT162b2 Vaccine in Israel

Y. Goldberg and Others

背景

2020 年 12 月,イスラエルは,新型コロナウイルス感染症(Covid-19)に対する BNT162b2 ワクチン集団接種キャンペーンを開始し,集団発生を急激に抑制した.重症急性呼吸器症候群コロナウイルス 2(SARS-CoV-2)感染症例がほとんどない期間を経て,2021 年 6 月中旬,再び Covid-19 の集団発生が起こった.理由として可能性があるのは,デルタ(B.1.617.2)変異株の出現によるワクチンの有効性の低下と,免疫の減衰であった.イスラエルにおける,デルタ変異株に対するワクチン免疫の減衰程度は不明である.

方 法

イスラエルの全国データベースから,2021 年 6 月より前に接種を完了したイスラエルの全住民における,2021 年 7 月 11 日~31 日の期間の,検査で確認された SARS-CoV-2 感染および重症 Covid-19 に関するデータを収集した.ポアソン回帰モデルを用いて,異なる時期に接種を受けた人における SARS-CoV-2 感染の発生率と重症 Covid-19 の発生率を,年齢群で層別化し,交絡の可能性のある因子で補正して比較した.

結 果

7 月 11 日~31 日における SARS-CoV-2 感染の発生率は,60 歳以上では,2021 年 1 月(最初に接種対象となった時期)に接種を完了した人のほうが,2 ヵ月後の 3 月に接種を完了した人よりも高かった(率比 1.6,95%信頼区間 [CI] 1.3~2.0).40~59 歳では,2 月(最初に接種対象となった時期)に接種を完了した人は,2 ヵ月後の 4 月に接種を完了した人と比較して感染率比が 1.7(95% CI 1.4~2.1)であった.16~39 歳では,3 月(最初に接種対象となった時期)に接種を完了した人は,2 ヵ月後の 5 月に接種を完了した人と比較して感染率比が 1.6(95% CI 1.3~2.0)であった.重症 Covid-19 については,最初に接種対象となった月に接種を完了した人は,3 月に接種を完了した人と比較して,発生率比が 60 歳以上で 1.8(95% CI 1.1~2.9),40~59 歳で 2.2(95% CI 0.6~7.7)であった.16~39 歳は,症例数が少なかったため率比を算出することができなかった.

結 論

これらの知見は,SARS-CoV-2 のデルタ変異株に対するワクチン免疫が,全年齢群で 2 回目の接種後数ヵ月で減衰したことを示している.

英文アブストラクト(DOI: 10.1056/NEJMoa2114228)