The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

March 22, 2018 Vol. 378 No. 12

短縮蛋白 HSD17B13 変異体と慢性肝疾患に対する防御
A Protein-Truncating HSD17B13 Variant and Protection from Chronic Liver Disease

N.S. Abul-Husn and Others

背景

慢性肝疾患の背景にある遺伝要因を解明することで,新たな治療標的が明らかになる可能性がある.

方 法

DiscovEHR ヒト遺伝学研究の参加者 46,544 例のエクソーム解析データと電子診療記録を用いて,血清アラニンアミノトランスフェラーゼ(ALT)値と血清アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ(AST)値に関連する遺伝子変異体を同定した.さらに 3 つのコホート(計 12,527 例)で再現性が確認された変異体について,DiscovEHR 研究の参加者と 2 つの独立したコホート(計 37,173 例)における慢性肝疾患の臨床診断,および 2,391 例のヒト肝臓検体における肝疾患の病理組織学的重症度との関連を評価した.

結 果

肝脂肪滴蛋白 17βヒドロキシステロイド脱水素酵素 13 をコードする HSD17B13 のスプライス変異体(rs72613567:TA)が,ALT 低下(P=4.2×10-12)と AST 低下(P=6.2×10-10)に関連した.DiscovEHR 研究の参加者では,この変異体はアルコール性肝障害のリスク低下(ヘテロ接合体で 42% [95%信頼区間 {CI} 20~58],ホモ接合体で 53% [95% CI 3~77]),非アルコール性肝障害のリスク低下(ヘテロ接合体で 17% [95% CI 8~25],ホモ接合体で 30% [95% CI 13~43]),アルコール性肝硬変のリスク低下(ヘテロ接合体で 42% [95% CI 14~61],ホモ接合体で 73% [95% CI 15~91]),非アルコール性肝硬変のリスク低下(ヘテロ接合体で 26% [95% CI 7~40],ホモ接合体で 49% [95% CI 15~69])と関連した.関連は 2 つの独立したコホートで確認された.肝臓検体では,rs72613567:TA は非アルコール性脂肪性肝炎のリスク低下と関連したが,脂肪肝のリスク低下とは関連しなかった.rs72613567:TA によって,リスクを高める PNPLA3 p.I148M アレルに関連する肝損傷は軽減し,不安定な短い蛋白となり,酵素活性が低下した.

結 論

HSD17B13 の機能喪失型変異体が,慢性肝疾患のリスクと,脂肪肝から脂肪性肝炎へと進展するリスクの低下に関連した.(Regeneron Pharmaceuticals 社ほかから研究助成を受けた.)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2018; 378 : 1096 - 106. )