The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次

    本誌に掲載された記事の一覧です.

June 22, 2000
Vol. 342 No. 25

  • ORIGINAL ARTICLES

    • 短報:非ホジキンリンパ腫が原因の成長ホルモン分泌によって発症した先端巨大症
      F. BEUSCHLEIN AND OTHERS

      1871
  • IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

    • 肛門周囲の細菌性皮膚炎
      H. PELTOLA

      1877
  • SPECIAL ARTICLES

  • CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

    • 閉塞性黄疸が発現した 17 歳の青年
      A.J. KATZ AND F.M. GRAEME-COOK

      1893
  • EDITORIALS

    • 製薬業界―誰に対して責任を負っているのか?
      M. ANGELL

      1902
    • 鎌状赤血球症の急性胸部症候群
      O.S. PLATT

      1904
    • 無作為試験,それとも観察研究か?
      S.J. POCOCK AND D.R. ELBOURNE

      1907
  • CLINICAL IMPLICATIONS OF BASIC RESEARCH

    • モノクローナル抗体による鎌状赤血球の内皮細胞への接着の阻害
      R.P. HEBBEL

      1910
  • SOUNDING BOARD

    • 医師は宗教活動を指示すべきなのか?
      R.P. SLOAN AND OTHERS

      1913
  • CORRESPONDENCE

    • 高リスク患者におけるビタミン E 補充と心血管系イベント

      1917
    • ノースダコタ州のある小児に発症した結核

      1918
    • 組織銀行に凍結保存されていた卵巣組織を自家移植した後の卵巣機能

      1919
    • ハウススタッフについての団体交渉

      1919
    • 臨終期における神経筋遮断剤

      1921
    • ポリテトラフルオロエチレンでコートされたステントで治療した冠動脈破裂

      1922
    • トリニダード島民の男性にみられた神経手術後の四日熱マラリア原虫(Plasmodium malariae)感染症の再活性化

      1924
  • BOOK REVIEWS

    1925
  • BOOKS RECEIVED

    1928