The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

September 10, 2009
Vol. 361 No. 11

  • This Week at NEJM.org

    1044
  • PERSPECTIVE

    • 「分断」から「説明責任」への橋渡し ― プロメテウス診療報酬モデル
      F. de Brantes, M.B. Rosenthal, and M. Painter

      1033
    • 出来高払い医療の終了? 診療報酬改革に関するマサチューセッツ州の提言
      R. Steinbrook

      1036
    • 改革,規制,研究 ― Gail Wilensky 氏へのインタビュー
      J.K. Iglehart

      1038
    • ナタリズマブ治療患者における進行性多巣性白質脳症の再出現 ― 新たな症例,変わらぬ懸念
      E.O. Major

      1041
    • 財政責任と医療制度改革
      R.A. Levine

      e16
    • 改革の範囲と時期
      J.K. Iglehart

      e17
  • ORIGINAL ARTICLES

    • 短報:ナタリズマブ関連進行性多巣性白質脳症の治療
      W. Wenning and Others

      1075
    • 短報:ナタリズマブ単独投与後に発症した進行性多巣性白質脳症
      H. Lindå and Others

      1081
  • CLINICAL THERAPEUTICS

    • 重症患者に対する静脈栄養
      T.R. Ziegler

      1088
  • IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

    • 関節リウマチ患者におけるベーカー嚢胞
      C. Bakewell and C. Dugowson

      1098
    • de Garengeot ヘルニア
      A. Chung and A. Goel

      e18
  • INTERACTIVE MEDICAL CASE

    • 壁に書かれた不吉な前兆
      J. Ross and Others

      e19
  • CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

    • 倦怠感,咳嗽,末梢血単球増加を呈する男性
      B.R. Dey, T.R. Spitzer, and R.P. Hasserjian

      1099
  • EDITORIALS

    • チカグレロル ― 抗血小板薬療法に新薬は必要か?
      A. Schömig

      1108
    • 癌ゲノム ― 進歩は続く
      J.R. Downing

      1111
    • 双方向型症例検討 ― 本誌の新コンテンツ
      G.T. McMahon and Others

      1113
  • CLINICAL IMPLICATIONS OF BASIC RESEARCH

    • 腹部大動脈瘤を解明する
      N.L. Weintraub

      1114
  • CORRESPONDENCE

    1117

    骨髄性悪性疾患における TET2 変異
    年齢,神経病理学,認知症
    多発性骨髄腫に対する自家幹細胞
    終末期医療とベルギーの安楽死法
    IgG4 関連大動脈周囲炎に関連した腹部大動脈瘤破裂

  • CORRECTIONS

    1123
  • NOTICES

    1123
  • CONTINUING MEDICAL EDUCATION

    1127