The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

October 11, 2001 Vol. 345 No. 15

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

肺容量減少手術後に死亡のリスクが高い患者
Patients at High Risk of Death after Lung-Volume-Reduction Surgery

NATIONAL EMPHYSEMA TREATMENT TRIAL RESEARCH GROUP

背景

肺容量減少手術は肺気腫のために提案された治療法の 1 つであるが,その最適な選択基準は定義されていない.全米肺気腫治療試験(the National Emphysema Treatment Trial)は,肺容量減少手術と内科的治療とを比較する無作為多施設共同臨床試験である.

方 法

評価と肺リハビリテーションを実施してから,患者を,肺容量減少手術の施行または内科的治療の実施に無作為に割付けた.転帰は,効果・安全性モニタリング委員会によって監視された.

結 果

2001 年の 6 月までに,合計 1,033 例の患者が無作為化された.一秒量(FEV1)が予測値の 20%以下であり,コンピュータ断層撮影法によって肺気腫の均質な分布像が認められたか,あるいは一酸化炭素拡散容積が予測値の 20%以下であった 69 例の患者では,術後 30 日死亡率が 16%(95%信頼区間,8.2~26.7%)であった.これに対して,内科的に治療を受けた 70 例の患者の死亡率は 0%であった(p<0.001).これらの高リスク患者における全死亡率は,手術患者のほうが内科的治療患者よりも高かった(人 - 年当り 0.43 死亡 対 人 - 年当り 0.11 死亡;相対危険度,3.9;95%信頼区間,1.9~9.0).内科的に治療を受けた患者と比較して,手術の生存者は,6 ヵ月目の時点において,最大仕事負荷(p=0.06),6 分間の歩行距離(p=0.03),および FEV1(p<0.001)の改善が小さかったが,健康状態に関連した QOL は同程度であった.全患者を対象とした機能転帰の解析の結果は,死亡および欠損データの説明となるものではあったが,どちらかの治療を支持するものではなかった.

結 論

FEV1 が低値で,さらに均質な肺気腫であるか,あるいは一酸化炭素拡散容積が非常に少ないかのいずれかが認められる患者は,肺容量減少手術の適用に注意を払わなければならない.これらの患者は,術後の死亡リスクが高く,この手術からの有益性も受けられそうにない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2001; 345 : 1075 - 83. )