The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

NEJM日本国内版は,必要な論文に簡単にアクセスできるよう「主要論文アブストラクト」「目次」「This Week at NEJM.org」を,日本語訳にてご提供しています.

This Week at NEJM.org

July 18, 2019 Vol. 381 No. 3

July 18, 2019
Vol. 381 No. 3

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • ザンビアと南アフリカにおける HIV の全員を対象とする検査・治療
    Universal HIV Testing and Treatment in Zambia and South Africa

    HIV の治療は患者にとって利益があるが,コミュニティでの HIV の伝播も減少させるであろうか? ザンビアと南アフリカで行われたこのコミュニティ無作為化試験では,ケアとの連携による全員を対象とするな HIV 検査と抗レトロウイルス療法により,HIV 新規感染が減少した.

  • ウガンダとケニアにおける HIV の検査・治療
    HIV Testing and Treatment in Uganda and Kenya

    ウガンダとケニアの農村地域で,高血圧や糖尿病など他の疾患に関する健康評価の一環として HIV の検査・治療プログラムを開始した.検査と治療を行ったコミュニティにおいて,3 年の時点での新規 HIV 感染は対照コミュニティと比較して有意に減少することはなかったが,この結果はおそらく,試験期間中に全国的に実施された HIV 治療の拡大に関連するものと思われる.

  • ボツワナにおける HIV の全員を対象とする検査・治療
    Universal HIV Testing and Treatment in Botswana

    ボツワナの 30 のコミュニティにおけるコミュニティ無作為化試験で,一連のサービス(コミュニティ全体の HIV 検査,ケアとの連携,CD4 数のより多い参加者に対する抗レトロウイルス療法,男性の包皮切除術)と,標準治療とで比較した.一連のサービスを受けたコミュニティにおいて,新規 HIV 感染数の減少と HIV ウイルス量の有意な減少を認めた.

  • 収縮期血圧・拡張期血圧と心血管リスク
    Systolic and Diastolic Blood Pressure and Cardiovascular Risk

    この研究では,成人外来患者 130 万人を対象に,収縮期血圧と拡張期高血圧が心筋梗塞,脳梗塞,脳出血の複合に及ぼす影響を明らかにした.収縮期血圧の上昇のほうが転帰に対する影響が大きかったが,収縮期高血圧と拡張期高血圧は心血管リスクに独立に影響を及ぼした.

SPECIAL ARTICLE

  • 包括支払い方式導入後 8 年の医療支出と医療の質
    Health Care Spending and Quality 8 Years into Global Payment

    Blue Cross Blue Shield of Massachusetts 社の Alternative Quality Contract(AQC)は,人口ベースの支払いモデルであり,質の評価における指標と成績に応じた金銭的報酬と罰がある.プログラムの最初の 8 年間で,支出の増加は AQC 加入者のほうが対照の州の民間保険加入者よりも少なくなり,医療の質の指標に有害な影響はなかった.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 粘膜神経腫
    Mucosal Neuromas

    粘膜神経腫

    7 歳の男児が,舌に出現した,徐々に増大する硬い結節を訴えて小児耳鼻咽喉科外来を受診し,カルシトニン値の上昇が認められた.遺伝子検査により多発性内分泌腫瘍症 2B 型の診断が確定した.

CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

  • 脱力,暗色尿,嚥下障害を呈した女性
    A Woman with Weakness, Dark Urine, and Dysphagia

    脱力,暗色尿,嚥下障害を呈した女性

    65 歳の女性が,転倒,脱力,暗色尿,嚥下困難で入院した.特記すべき既往歴として,非虚血性心筋症と,左半身に障害の残る脳塞栓症があった.クレアチンキナーゼ値が 20,793 U/L(正常範囲 40~150)であった.

REVIEW ARTICLE

  • 薬物性肝障害
    Drug-Induced Liver Injury

    薬物性肝障害

    肝臓は薬物性障害に対してさまざまな反応を示し,多くの表現型がある.さらに,薬物の直接的な作用と間接的な影響の両方の結果として,特異的な反応が生じる場合がある.抗菌薬が薬物性肝障害のもっとも多い原因である.

NEJM QUICK TAKE

  • HIV 感染の新規発生を抑制する
    Reducing the Incidence of HIV Infection

    HIV 感染の新規発生を抑制する

    HIV–AIDS の蔓延を抑制するには,HIV 感染の新規発生を激減させることが必要である.全員を対象とする検査・治療戦略は有望なアプローチであるが,これまでの試験の結果は一貫していない.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 緊張状態にある医師の役割
    Physician Roles in Tension

    緊張状態にある医師の役割

    Anita Berlin が,国家と医療の関係,および医療倫理規定の一貫性を維持することについて論じている.