The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

NEJM日本国内版は,必要な論文に簡単にアクセスできるよう「主要論文アブストラクト」「目次」「This Week at NEJM.org」を,日本語訳にてご提供しています.

This Week at NEJM.org

February 20, 2020 Vol. 382 No. 8

February 20, 2020
Vol. 382 No. 8

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • 電子たばこ関連肺傷害においてビタミン E アセテートが果たす役割
    Role of Vitamin E Acetate in EVALI

    米国の 16 州における電子たばこ関連肺傷害(EVALI)患者 51 例を対象とした研究で,気管支肺胞洗浄液検体を得た患者の 94%でビタミン E アセテートが検出されたが,健常対照群の検体では検出されなかった.

  • 結節性痒疹に対するインターロイキン-31 受容体の阻害
    Interleukin-31 Receptor Blockade in Prurigo Nodularis

    重度の瘙痒を伴う皮膚疾患である結節性痒疹の患者において,インターロイキン-31 受容体抗体ネモリズマブの皮下投与が 12 週間の第 2 相試験で検討された.痒みの強さと疾患の全体的重症度は,ネモリズマブ群でプラセボ群よりも大きく低下した.

  • アジア農村部におけるコミュニティベースの高血圧治療
    Community-Based Treatment of Hypertension in Rural Asia

    バングラデシュ,パキスタン,スリランカの農村部で行われたクラスター無作為化比較試験で,高血圧治療のためのコニュニティベースの介入を評価した.コミュニティヘルスワーカーによる自宅訪問や医師の訓練を含む介入は,通常のケアよりも高血圧のコントロールに有効であった.

  • 短報:中国における新型コロナウイルス
    Brief Report: A Novel Coronavirus in China

    中国の武漢市における,これまで知られていなかったβコロナウイルスの出現と分離が報告されている.これはヒトに感染するコロナウイルス科の 7 番目のウイルスである.3 例の所見が述べられている.

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • 腸脂肪腫症
    Intestinal Lipomatosis

    74 歳の女性が長期にわたる腹部膨隆を訴えて受診した.腹部 CT で脂肪を含む病変の多発を認めた.これは腸脂肪腫症に一致する所見である.

CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

  • 高血糖の女性
    A Woman with Hyperglycemia

    34 歳の女性が高血糖の評価を受けた.9 年前に測定された血糖値は高く,その後,妊娠中に糖尿病と診断された.両親とも,2 型糖尿病である.現在の体格指数は 25.4 で,糖化ヘモグロビン値は 6.2%である.診断のための検査が行われた.

Videos, Images, and Multimedia

CLINICAL PRACTICE AUDIO

  • 高齢者の転倒予防
    Prevention of Falls in the Elderly

    高齢者の転倒予防

    将来の転倒リスクが高い人を特定するため,患者には毎年,前年の転倒歴を聴取すべきである.転倒するリスクは,バランス・筋力トレーニングに重点をおいた運動プログラムによって低減可能であり,また高リスク者では,標準的な一連の危険因子を評価し,修正可能なものに取り組むことによって低減可能である.

CLINICAL DECISIONS

  • 調査研究の遺伝結果の開示
    Disclosure of Genetic Results of a Research Study

    調査研究の遺伝結果の開示

    全国規模の遺伝情報データベースの匿名化されたデータに関するこの双方向性の記事では,1 件の症例を,データの匿名化を解除することと,介入可能な病原性変異を有する参加者に通知することに賛成するエッセイと賛成しないエッセイとともに提示する.

NEJM QUICK TAKE

  • ベイピングとビタミン E アセテート
    Vaping and Vitamin E Acetate

    電子たばこ関連肺傷害(EVALI)を有する患者の気管支肺胞洗浄液中の有害物質に関する初期調査で,ビタミン E アセテートの存在が示された.その後,EVALI 患者 51 例と健常者 99 例の検体の解析が行われ,初期調査の知見が拡大した.新しい知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 電子たばこ関連肺傷害と青年期のベイピング
    EVALI and Adolescent Vaping

    電子たばこ関連肺傷害と青年期のベイピング

    David Christiani が,若年者におけるベイピングの流行と,関連する重度の肺傷害について論じている.