The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 25, 2002 Vol. 346 No. 17

天然痘ワクチンの原液と希釈液に対する臨床反応
Clinical Responses to Undiluted and Diluted Smallpox Vaccine

S.E. FREY AND OTHERS

背景

天然痘ワクチン(種痘ウイルス)の供給をふやす可能性を評価するため,われわれは,1 mL 当り 108.1,107.2,107.0 プラーク形成単位(pfu)の種痘ウイルスを含むワクチンの接種に対する反応を比較した.

方 法

この無作為単一盲検前向き試験では,ワクチン接種歴のない 680 人の成人を対象に,種痘ウイルスのワクチン原液(平均力価,108.1 pfu/mL),1:5 希釈液,1:10 希釈液のいずれかを二叉針で皮内接種し,接種部位を半透性包帯でおおった.小疱形成(ワクチン接種成功の指標)と有害事象の有無を調べるため,被験者をワクチン接種後 56 日間観察した.

結 果

成功率は群間で有意差がなく,初回接種後は 97.1~99.1%であった.ワクチン原液およびワクチン希釈液は共に,反応はよかった.一般的な有害事象は,膿疱形成に加えて,急性ウイルス性疾患の発現と一致する付随病変の形成,限局性リンパ節腫大,発熱,頭痛,悪心,筋肉痛,疲労,および悪寒などであった.また,多形性紅斑の 2 例を含め,全身性および局所性の発疹も認められた.

結 論

二叉針を用いて接種する場合,種痘ウイルスワクチンは 107.0 pfu/mL の低力価(1 用量当り約 10,000 pfu)まで希釈でき,97%を超える人々に局所的なウイルス複製と小疱形成を誘発する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2002; 346 : 1265 - 74. )