The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

December 25, 2003 Vol. 349 No. 26

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

外傷患者におけるカナダ頸椎規定とNEXUS 低リスク判定基準の比較
The Canadian C-Spine Rule versus the NEXUS Low-Risk Criteria in Patients with Trauma

I.G. Stiell and Others

背景

カナダ頸椎規定(Canadian C-Spine [cervical-spine] Rule: CCR)と全カナダ救急時 X 線撮影利用研究(National Emergency X-Radiography Utilization Study: NEXUS)の低リスク判定基準(Low-Risk Criteria: NLC)は,外傷患者に頸椎 X 線撮影を行うさいの指針となる決定基準である.この 2 つの決定基準が,臨床成績という点でどの程度同等であるかは不明である.

方 法

カナダの 9 ヵ所の救急診療部において,容体が安定し意識のある外傷患者を対象に,CCR と NLC を比較する前向きコホート研究を行った.CCR と NLC は,X 線撮影前の患者に対して 394 人の医師が評価した.

結 果

患者 8,283 例のうち,169 例(2.0%)には臨床的に重大な頸椎損傷があった.患者 845 例(10.2%)では,医師は,CCR アルゴリズムに必要な可動域の評価をしていなかった.これらの不確定症例を除外した解析では,CCR は NLC よりも損傷に対して感度(99.4% 対 90.7%,P<0.001)および特異度(45.1% 対 36.8%,P<0.001)が高く,また CCR の利用で,X 線撮影実施率がより低下すると考えられた(55.9% 対 66.6%,P<0.001).全患者を含めた二次解析では,CCR の感度と特異度は,不確定症例全例が陽性であると仮定した場合それぞれ 99.4%と 40.4%であった(共に NLC と比較して P<0.001).不確定症例全例で CCR が陰性であったと仮定すると,これらの割合は 95.3%(NLC と比較して P=0.09)と 50.7%(P=0.001)であった.CCR は,重大な損傷患者 1 例を見落とし,NLC は患者 16 例を見落としたと考えられた.

結 論

容体が安定し覚醒している外傷患者では,頸椎損傷に対する感度と特異度に関して CCR は NLC より優れており,CCR の利用は X 線撮影の実施率減少につながると考えられる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2003; 349 : 2510 - 8. )