The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

February 1, 2007 Vol. 356 No. 5

大気汚染への長期間の曝露と女性における心血管イベントの発生率
Long-Term Exposure to Air Pollution and Incidence of Cardiovascular Events in Women

K.A. Miller and Others

背景

微細粒子による大気汚染は,心血管疾患との関連が認められているが,これまでの研究では死亡率と都市間の曝露の差しか評価されていない.空気力学的直径が 2.5 μm(PM2.5)未満の微粒子状物質への長期間の曝露と,心血管イベントとの関連を検討した.

方 法

米国の 36 の都市圏において,1994~98 年に心血管疾患の既往のない閉経後女性 65,893 例を登録し,中央値で 6 年間追跡調査した.大気汚染物質への曝露を,それぞれの女性の住居からもっとも近くに設置されたモニターを用いて評価した.年齢,人種または民族,喫煙状況,教育レベル,世帯収入,体格指数(BMI),糖尿病・高血圧・高コレステロール血症の有無で補正し,初回の心血管イベントに対するハザード比を推定した.

結 果

診療録の調査により,計 1,816 例の女性が,冠動脈性心疾患あるいは脳血管疾患による死亡,冠動脈再建,心筋梗塞,脳卒中など,致死性あるいは非致死性の心血管イベントを1 つ以上起していたことが確認された.2000 年には,PM2.5 の曝露レベルは 3.4~28.3 μg/m3 と幅があった(平均 13.5 μg/m3).曝露レベルが 10 μg/m3 増加するごとに,心血管イベントのリスクが 24%(ハザード比 1.24;95%信頼区間 [CI] 1.09~1.41),心血管疾患による死亡のリスクが 76%(ハザード比 1.76;95% CI 1.25~2.47)増加した.心血管イベントに関して,都市間の曝露の差の影響は都市内の差の影響より小さいようであった.脳血管イベントのリスクも,PM2.5 の曝露レベルの上昇と関連していた(ハザード比 1.35;95% CI 1.08~1.68).

結 論

微細粒子による大気汚染への長期間の曝露は,閉経後女性における心血管疾患の発生率と死亡に関連している.都市内の曝露の差は,心血管疾患のリスクと関連している.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2007; 356 : 447 - 58. )