The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 1, 2011 Vol. 365 No. 22

心筋梗塞後の予防的薬物療法に対する全額保険給付
Full Coverage for Preventive Medications after Myocardial Infarction

N.K. Choudhry and Others

背景

心筋梗塞後に処方された薬剤の服薬遵守状況は不良である.自己負担をなくすことにより,服薬遵守と転帰が向上する可能性がある.

方 法

心筋梗塞後に退院した患者を登録し,患者の保険支払い組織を,スタチン,β 遮断薬,アンジオテンシン変換酵素阻害薬,アンジオテンシン受容体拮抗薬のすべての処方について,全額保険給付を行う群(保険支払い組織 1,494 団体,患者 2,845 例)と,通常の保険給付を行う群(保険支払い組織 1,486 団体,患者 3,010 例)に無作為に割り付けた.主要転帰は初回の主要血管イベントまたは血行再建とした.副次的転帰は,服薬遵守率,主要血管イベント・血行再建の総発生率,初回の主要血管イベント発生率,医療費とした.

結 果

服薬遵守率は通常保険給付群で 35.9~49.0%であり,全額保険給付群はそれより 4~6 パーセントポイント高かった(すべての比較について P<0.001).主要転帰に 2 群間で有意差は認められなかった(100 人年あたり全額保険給付群 17.6 件 対 通常保険給付群 18.8 件,ハザード比 0.93,95%信頼区間 [CI] 0.82~1.04,P=0.21).主要血管イベント・血行再建の総発生率は,全額保険給付群で有意に低く(21.5 件 対 23.3 件,ハザード比 0.89,95% CI 0.90~0.99,P=0.03),初回の主要血管イベント発生率も同様であった(11.0 件 対 12.8 件,ハザード比 0.86,95% CI 0.74~0.99,P=0.03).自己負担をなくしても総支出は増加しなかった(全額保険給付群 66,008 ドル,通常保険給付群 71,778 ドル,相対支出 0.89,95% CI 0.50~1.56,P=0.68).薬剤やその他のサービスに対する患者の支出は減少した(相対支出 0.74,95% CI 0.68~0.80,P<0.001).

結 論

心筋梗塞後の処方薬に対する自己負担をなくしても,本試験の主要転帰発生率は有意に減少しなかった.処方薬に対する保険給付の拡大によって,服薬遵守と初回の主要血管イベント発生率が改善し,全体的な医療費が増加することなく患者の支出が減少した.(Aetna 社,米国連邦基金から研究助成を受けた.MI FREEE ClinicalTrials.gov 番号:NCT00566774)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2011; 365 : 2088 - 97. )