The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

September 20, 2012 Vol. 367 No. 12

多発性硬化症に対する経口 BG-12 またはグラチラマーのプラセボ対照第 3 相試験
Placebo-Controlled Phase 3 Study of Oral BG-12 or Glatiramer in Multiple Sclerosis

R.J. Fox and Others

背景

再発寛解型多発性硬化症は,一般に非経口薬(インターフェロンまたはグラチラマー酢酸塩 [glatiramer acetate])で治療される.経口治療薬として BG-12(フマル酸ジメチル [dimethyl fumarate])が開発中である.

方 法

第 3 相無作為化試験で,再発寛解型多発性硬化症患者を対象に,経口 BG-12 240 mg の 1 日 2 回または 3 回投与の有効性・安全性を,プラセボと比較した.実薬であるグラチラマー酢酸塩も参考として比較した.主要エンドポイントは 2 年間における年間再発率とした.グラチラマー酢酸塩に対する BG-12 の優位性・非劣性を検証するデザインにはしなかった.

結 果

2 年の時点での年間再発率は,BG-12 1 日 2 回群(0.22),BG-12 1 日 3 回群(0.20),グラチラマー酢酸塩群(0.29)のほうが,プラセボ群(0.40)よりも有意に低かった(相対的低下:BG-12 1 日 2 回群 44%,P<0.001;BG-12 1 日 3 回群 51%,P<0.001;グラチラマー酢酸塩群 29%,P=0.01).BG-12 1 日 2 回群,1 日 3 回群,グラチラマー酢酸塩群の,プラセボ群と比較した障害進行の低下(それぞれ 21%,24%,7%)は有意ではなかった.プラセボと比較して,BG-12 1 日 2 回,1 日 3 回,グラチラマー酢酸塩により,T2 強調画像で高信号を示す新規病変・拡大病変(すべて P<0.001)と,T1 強調画像で低信号を示す新規病変(それぞれ P<0.001,P<0.001,P=0.002)の数が有意に減少した.グラチラマー酢酸塩と BG-12 との事後比較では,差は年間再発率(BG-12 1 日 3 回),T2 強調画像で高信号を示す新規病変・拡大病変(両 BG-12),T1 強調画像で低信号を示す新規病変(BG-12 1 日 3 回)以外有意ではなかった(名目的 P<0.05).実薬群でプラセボ群よりも発生率が高かった有害事象には,潮紅と消化管系のイベント(BG-12),注射関連のイベント(グラチラマー酢酸塩)などがあった.BG-12 群で悪性新生物や日和見感染の報告はなかった.BG-12 群ではリンパ球数が減少した.

結 論

再発寛解型多発性硬化症患者において,BG-12(両用量)とグラチラマー酢酸塩により,プラセボと比較して再発率は有意に低下し,神経放射線学的転帰が有意に改善した.(Biogen Idec 社から研究助成を受けた.CONFIRM ClinicalTrials.gov 番号:NCT00451451)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2012; 367 : 1087 - 97. )