The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

November 15, 2012 Vol. 367 No. 20

再発ライム病における再感染と再燃との鑑別
Differentiation of Reinfection from Relapse in Recurrent Lyme Disease

R.B. Nadelman and Others

背景

遊走性紅斑は,ライム病にもっともよくみられる症状である.再発はまれではなく,通常は最初の感染の再燃ではなく,再感染に起因したものであるが,多少の議論が続いている.われわれは,遊走性紅斑エピソードが培養で確認された患者から分離した Borrelia burgdorferi の分子タイピングにより,再燃と再感染を鑑別した.

方 法

連続した遊走性紅斑エピソードを有する患者から皮膚検体または血液検体を採取し,培養で検出された B. burgdorferi 株の外表面蛋白 C をコードする遺伝子(ospC)の遺伝子型を決定した.ポリメラーゼ連鎖反応による増幅後,逆ラインブロット法またはほぼ全長の遺伝子の DNA 塩基配列決定により ospC の遺伝子型を決定した.さらなる解析のため,ほとんどの株について 16S-23S リボソーム RNA 遺伝子間スペーサー領域の配列決定,多座位配列タイピング,またはその両方によって遺伝子型を決定した.患者は遊走性紅斑に対して標準的な抗菌薬治療を受けた.

結 果

1991~2011 年に遊走性紅斑と診断され,この病変のエピソード 22 組(初回エピソードと 2 回目のエピソード)を有する患者 17 例の B. burgdorferi 分離株を解析しえた.ospC 遺伝子型は初回エピソードと 2 回目のエピソードで異なることが明らかになった.見かけ上同一の遺伝子型が 2 回以上のエピソードで同定されたのは 1 例のみで,初回エピソードと,初回から 5 年隔てた 3 回目のエピソードで同定されたが,2 回目と 4 回目のエピソードでは異なる遺伝子型が同定された.

結 論

22 組の連続した遊走性紅斑エピソードのなかで,同一の B. burgdorferi 培養株に関連したものはなかった.今回のデータから,適切に治療された患者における遊走性紅斑の反復エピソードは,再感染によるものであり,再燃ではないことが示された.(米国国立衛生研究所,ウィリアム・アンド・シルビア・シルバースタイン財団から研究助成を受けた.)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2012; 367 : 1883 - 90. )