The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次

    本誌に掲載された記事の一覧です.

June 18, 1998
Vol. 338 No. 25

  • ORIGINAL ARTICLES

  • IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

    • “R-on-T”現象
      P. OUPADIA AND K. RAMASWAMY

      1812
  • REVIEW ARTICLES

    • 疾患のメカニズム:移植拒絶における T 細胞共刺激活性化経路の役割
      M.H. SAYEGH AND L.A. TURKA

      1813
    • 現在の概念:乳幼児における非偶発的頭部損傷―“乳児振盪症候群”
      A.-C. DUHAIME, C.W. CHRISTIAN, L.B. RORKE, AND R.A. ZIMMERMAN

      1822
  • CASE RECORDS OF THE MASSACHUSETTS GENERAL HOSPITAL

    • 下痢,多発性関節炎,およびライター症候群の既往を示す 70 歳男性
      R.H. SHMERLING AND A.M. CALIENDO

      1830
  • EDITORIALS

    • 急性冠動脈症候群に対する血管造影術と血管再生の使用と過度の使用
      R.A. LANGE AND L.D. HILLIS

      1838
    • 静脈血栓症―遺伝子と環境の相互作用
      R.M. BERTINA AND F.R. ROSENDAAL

      1840
    • 致死的衝撃―心臓の振盪
      G.D. CURFMAN

      1841
  • OCCASIONAL NOTES

    • 飲み込むには苦い丸薬
      J. POULSON

      1844
  • CORRESPONDENCE

    • 虫垂のコンピューター断層撮影

      1847
    • 熱傷損傷による死亡確率の推計値

      1848
    • 少女における X 連鎖ヴィスコット - オールドリッチ症候群

      1850
    • 自然災害後の自殺

      1851
    • 失読症

      1852
    • 急性肝ポルフィリン症と原発性肝癌

      1853
  • BOOK REVIEWS

    • ヘルスケアの経済的将来
      A.S. RELMAN

      1855
  • BOOKS RECEIVED

    1857
  • NOTICES

    1858
  • CORRECTION

    • 熱傷損傷による死亡確率の推計値

      1849
  • INFORMATION FOR AUTHORS

    1860