The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

  • 目 次
  • This Week at NEJM.org

    NEJM.orgからピックアップされている注目記事の一覧です.

June 15, 2017
Vol. 376 No. 24

This Week in the JOURNAL

ORIGINAL ARTICLES

  • ルーチン PCI における生体吸収性血管スキャフォールド
    Bioresorbable Vascular Scaffolds in Routine PCI

    無作為化試験で,PCI を受ける患者 1,845 例を,エベロリムス溶出生体吸収性血管スキャフォールド群とエベロリムス溶出金属ステント群に割り付けた.デバイス血栓症の発生率は,生体吸収性スキャフォールド群のほうが金属ステント群より高かった.

  • Talaromyces marneffei に対する治療
    Treatment for Talaromyces marneffei

    Talaromyces marneffei は,アジアで,とくにヒト免疫不全ウイルス感染者において重大な疾患を引き起こす二形性真菌である.無作為化比較試験で,アムホテリシン B による初期治療は,イトラコナゾールに対する優越性が認められた.

  • 新生児薬物離脱症候群に対するブプレノルフィン
    Buprenorphine in the Neonatal Abstinence Syndrome

    子宮内でオピオイドに曝露した正期産児を対象とした単一施設試験で,ブプレノルフィン舌下投与は,モルヒネ経口投与と比較して治療期間と入院期間が短かった.

  • 健常成人における単一ネフロン糸球体濾過量
    Single-Nephron GFR in Healthy Adults

    糸球体濾過量(GFR)はネフロン全体の機能を評価し,単一ネフロン GFR は 1 個のネフロンの機能を評価する.この研究では,健常成人の単一ネフロン GFR は,年齢,性別,身長(190 cm 以下の場合)に関係なく一定であることを明らかにした.

SPECIAL ARTICLE

  • 病院の価値に基づく購入による質の変化
    Changes in Quality with Hospital Value-Based Purchasing

    メディケアの病院の価値に基づく購入プログラムにより,質の指標に基づく成績のよい病院への入院に対する支払い額が 1~2%増加している.質に関するデータの解析により,このプログラムは最初の 4 年間で質の改善に関連しないことが示唆された.

REVIEW ARTICLE

  • 糖尿病足潰瘍とその再発
    Diabetic Foot Ulcers and Their Recurrence

    足潰瘍は,糖尿病患者の下肢に生じる合併症のなかでもっとも多い.この総説では,糖尿病足潰瘍の発症機序,治療,再発予防を含む管理について検討している.

MEDICINE AND SOCIETY

  • 二人の医師の物語
    A Tale of Two Doctors

    内科医と整形外科医を立て続けに受診したことで,米国の医療がしばしば非効率的で,常に高額で,ときに無意味なものであることを実証する偏り,すなわち,患者に害を及ぼし,医療が本来の使命を果たす力を損なう偏りが存在することがわかった.

Videos, Images, and Multimedia

IMAGES IN CLINICAL MEDICINE

  • シーソー眼振
    Seesaw Nystagmus

    シーソー眼振

    52 歳の男性が,1 年前から続く頭痛と視力低下を訴え救急受診した.身体診察で認められたシーソー眼振の動画を NEJM.org でご覧いただけます.

NEJM QUICK TAKE

  • 新生児薬物離脱症候群を治療する
    Treating Neonatal Abstinence Syndrome

    新生児薬物離脱症候群を治療する

    子宮内でオピオイドに曝露した児は新生児薬物離脱症候群のリスクがある.新しい研究知見が短い動画にまとめられている.

PERSPECTIVE AUDIO INTERVIEW

  • 医師の診察をいますぐ受けることはできません
    The Doctor Won’t See You Now

    Thomas Lee が,医療提供者が患者の待ち時間を減らすことを抑制する金銭的インセンティブについて論じている.