The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

November 13, 1997 Vol. 337 No. 20

喘息の悪化に及ぼすホルモテロールとブデソニド吸入の効果
EFFECT OF INHALED FORMOTEROL AND BUDESONIDE ON EXACERBATIONS OF ASTHMA

R.A. PAUWELS AND OTHERS

背景

 喘息の治療における長時間作用型 β2 アゴニスト吸入の役割ははっきりしていない.二重盲検試験において,われわれは,吸入用グルココルチコイドであるブデソニドの低用量および高用量にホルモテロール吸入を追加した効果を評価した.

方 法

 ブデソニド ( 800 μg を 1 日 2 回) による 4 週間の慣らし治療期間の後,グルココルチコイド治療患者 852 人を,粉末吸入器 ( Turbuhaler ) によって 1 日 2 回治療する以下の四つの群の一つに無作為割付けした: ブデソニド 100 μg + プラセボ,ブデソニド 100 μg + ホルモテロール 12 μg,ブデソニド 400 μg + プラセボ,またはブデソニド 400 μg + ホルモテロール 12 μg.必要な場合にはテルブタリンを許可した.治療は 1 年継続した; われわれは 4 群の喘息悪化率,症状,および肺機能を比較した.重度の喘息悪化は,グルココルチコイド経口投与の必要性,または最大呼気流量が 2 日連続してベースライン値より 30%以上減少した場合と定義した.

結 果

 ホルモテロールをブデソニドの低用量に加えると,重度および軽度の喘息悪化率はそれぞれ,26%および 40%減少した.ブデソニドの高用量単独では,重度および軽度の喘息悪化率はそれぞれ 49%および 37%減少した.ホルモテロールとブデソニドの高用量で治療した患者は,最大の減少 ―それぞれ 63%および 62%― を示した.喘息症状と肺機能は,高用量のホルモテロールとブデソニドによる治療のいずれの場合も改善したが,ホルモテロールによる改善はより大きかった.

結 論

 グルココルチコイド吸入による治療にもかかわらず,持続性の喘息症状を有する患者では,ブデソニド療法へのホルモテロールの追加,またはより高用量のブデソニドの使用が有益となる可能性がある.ブデソニド療法にホルモテロールを追加すれば,喘息のコントロールを弱めることなく症状および肺機能を改善する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 1405 - 11. )