The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

September 11, 1997 Vol. 337 No. 11

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

長距離運搬トラック運転手の睡眠
THE SLEEP OF LONG-HAUL TRUCK DRIVERS

M.M. MITLER, J.C. MILLER, J.J. LIPSITZ, J.K. WALSH, AND C.D. WYLIE

背景

疲労と睡眠不足は,長距離運搬トラック運転手にとって重要な安全性問題であ る.

方 法

われわれは,業務として荷物を運ぶ 4 群の男性トラック運転手 20 人について 24 時間連続の電気生理モニターおよび動作のモニターを行った.4 種類の運転スケジュール,すなわち米国での二つ (毎日ほぼ同じ時間に出発する昼間の 10 時間運転 5 回,または毎日約 2 時間早く出発する夜間の 10 時間運転 5 回) とカナダでの二つ (毎夕ほぼ同じ時間に出発する深夜から朝にかけての 13 時間運転 4 回,または毎日 1 時間遅く出発する午後から夜間にかけての 13 時間運転 4 回) を比較した.

結 果

運転手は毎日平均で 5.18 時間ベッドで横になり,電気生理学的に確認した睡眠は 5 日間の試験で毎日 4.78 時間であった (範囲,13 時間の夜間スケジュールの運転手の睡眠時間 3.83 時間から 10 時間の昼間のスケジュールの運転手の 5.38 時間まで).これらの値を自己申告の平均 (± SD ) 理想睡眠時間である毎日 7.1 ± 1 時間と比較した.運転手 35 人 ( 44% ) では,仮眠によって平均で 0.45 ± 0.31 時間の睡眠を得ていた.衝突またはその他の自動車災害は起らなかった.運転手 2 人では,ポリソムノグラフィーによって検出された診断未確定の睡眠時無呼吸を認めた.別の運転手 2 人は,脳波図によって,それぞれ運転中に段階 1 の睡眠を 1 回づつ認めた.運転手 45 人 ( 56% ) は,顔のビデオ記録の分析から判断して,運転中に少なくとも 1 回,6 分間の眠気が襲った; 6 分間の記録 1,989 回中 1,067 回 ( 54% ) で眠そうな運転手が写っており,これに関係していたのはわずか運転手 8 人であった.

結 論

本試験における長距離運搬トラック運転手の睡眠は,仕事の覚醒状態に必要とされる睡眠時間より少ない.睡眠または睡眠状態にもっとも陥りやすい時間は,深夜と早朝である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 1997; 337 : 755 - 61. )