The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

August 17, 2000 Vol. 343 No. 7

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

血漿中第 VIII 因子の高濃度と再発性静脈血栓塞栓症のリスク
High Plasma Levels of Factor VIII and the Risk of Recurrent Venous Thromboembolism

P.A. KYRLE AND OTHERS

背景

 血漿中血液凝固因子第 VIII 因子の高濃度は,静脈血栓塞栓症の危険因子の一つになっている.われわれは,血漿中の第 VIII 因子の濃度が高値であった患者において,特発性静脈血栓塞栓症の初回エピソード後に血栓症が再発するリスクの評価を行った.

方 法

 360 例の患者に対して,静脈血栓塞栓症の初回エピソード後に実施した経口抗凝固薬の治療が終了してから,平均で 30 ヵ月間の追跡調査による検討を実施した.再発性または二次性の静脈血栓塞栓症,先天性の抗凝固物質欠損症,ループス抗凝固物質,高ホモシステイン血症,癌,あるいは血栓溶解薬の長期治療が必要な患者,または妊娠中の患者は除外した.エンドポイントは,客観的評価による症候性静脈血栓塞栓症の再発とした.

結 果

 静脈血栓塞栓症の再発は 360 例の患者のうちの 38 例に確認された(10.6 %).再発患者の血漿中第 VIII 因子の平均(± SD)濃度は,非再発患者の濃度よりも高かった(182 ± 66 対 157 ± 54 IU / dL,p = 0.009).再発性静脈血栓塞栓症の相対危険度は,血漿中第 VIII 因子の濃度が 10 IU / dL 上昇当り 1.08 倍であった(95%信頼区間,1.04 ~ 1.12; p < 0.001).血漿中の第 VIII 因子濃度が今回の研究集団で 90%ポイントを超えていた患者では,2 年目までに再発する確率は 37%であったのに対して,90%ポイント以下であった患者の再発の確率は 5%であった(p < 0.001).さらに,血漿中の第 VIII 因子濃度が 90%ポイントを超える患者では,90%ポイント以下の患者に対する全体の再発相対危険度が,年齢,性別,第 V 因子の Leiden 突然変異あるいはプロトロンビン遺伝子の G20210A 突然変異の有無,および経口抗凝固療法の実施期間で補正すると,6.7(95%信頼区間,3.0 ~ 14.8)になった.

結 論

 血漿中の第 VIII 因子濃度が高値の患者は,再発性静脈血栓塞栓症のリスクが高い.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2000; 343 : 457 - 62. )