The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

April 5, 2001 Vol. 344 No. 14

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

慢性骨髄性白血病の急性転化およびフィラデルフィア染色体をもつ急性リンパ芽球性白血病に対する BCR-ABL チロシンキナーゼ特異的阻害剤の活性
Activity of a Specific Inhibitor of the BCR-ABL Tyrosine Kinase in the Blast Crisis of Chronic Myeloid Leukemia and Acute Lymphoblastic Leukemia with the Philadelphia Chromosome

B.J. DRUKER AND OTHERS

背景

BCR-ABL は,構成的に活性化されたチロシンキナーゼであり,フィラデルフィア(Ph)染色体によって生成される遺伝子産物である.この酵素は,慢性骨髄性白血病(CML)の事実上すべての症例に白血病の全経過を通じて存在し,急性リンパ芽球性白血病(ALL)では症例の 20%に存在する.慢性期の患者において認められたチロシンキナーゼ阻害剤の実質的な活性に基づき,われわれは CML 急性転化の患者と Ph 染色体陽性 ALL の患者において,BCR-ABL チロシンキナーゼの特異的阻害剤である STI571(以前は CGP 57145B として知られていた)の評価を行った.

方 法

この用量増加パイロット試験では,58 例の患者が STI571 の治療を受けた;患者の内訳は,38 例が骨髄芽球性急性転化,20 例が ALL またはリンパ性急性転化であった.治療は,1 日用量を 300 ~ 1,000 mg の範囲として,経口投与した.

結 果

骨髄性急性転化の形質をもつ患者では,38 例中の 21 例(55%)が治療に反応した;これらの 21 例の患者のうちの 4 例が血液学的完全寛解に達した.リンパ性急性転化または ALL の 20 例の患者では,14 例(70%)が治療に反応し,このうちの 4 例が完全寛解に達した.骨髄性急性転化の患者の 7 例には,治療が継続されており,治療開始後 101 ~ 349 日目まで寛解が持続している.リンパ性急性転化あるいは ALL の患者では,1 例を除いたすべての患者で再発した.もっとも頻度が高かった有害作用は,悪心,嘔吐,浮腫,血小板減少症,および好中球減少症であった.

結 論

BCR-ABL チロシンキナーゼ阻害剤である STI571 は,CML の急性転化および Ph 染色体陽性 ALL において,忍容性に優れ,実質的に価値のある活性を有している.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2001; 344 : 1038 - 42. )