The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

January 18, 2001 Vol. 344 No. 3

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

外来受診したときの医師の診察時間は短縮しているのか?
Are Patients'Office Visits with Physicians Getting Shorter ?

D. MECHANIC, D.D. MCALPINE, AND M. ROSENTHAL

背景

多くの人々は,マネージドケアが,医師に対して,生産性の向上,診療患者数の増加,および患者 1 人当りに費やす診察時間の短縮を強いるような圧力をかけることになっていると考えている.

方 法

1989 年~ 1998 年のあいだの医師による診察時間を調べるために,米国国立衛生統計センター(the National Center for Health Statistics)による全米外来医療調査(the National Ambulatory Medical Care Survey: 以下 NAMCS)と米国医師会の社会経済監視システム(the American Medical Associationユs Socioeconomic Monitoring System)(以下 SMS)によって得られた全米の典型的なデータを利用した.これらのデータを利用して,プライマリーケアと専門医療,新患と再来患者,および一般的な診断と重大な診断に関する,マネージドケアや他の前払い医療保険政策(前払い受診)によって保障されている受診と,非前払い受診の傾向について評価した.

結 果

医師への受診件数は,1989 年~ 1998 年までの期間に 67,700 万件から 79,700 万件へと有意に増加していたが,人口 100 人当りの受診率には有意な変化は認められなかった.1989 年における受診したときの平均診察時間は,MAMCS のデータでは 16.3 分間,SMS 調査のデータでは 20.4 分間であった.どちらのデータにおいても,平均診察時間は,1989 年から 1998 年までにそれぞれ 1 分間から 2 分間長くなっていた.さらに,前払い受診と非前払い受診のどちらにおいても,その診察時間は延長していた.非前払い受診の診察時間は前払い受診よりも一貫して長かったものの,これらの医療保険制度による診察時間の差は,1989 年には 1 分間であったのが 1998 年には 0.6 分間に縮まっていた.また,この診察時間の延長傾向は,プライマリーケアと専門医療のどちらにおいても,また新患と再来患者のどちらにおいても認められた.もっとも一般的な診断ともっとも重大な診断を受けた患者における平均の診察時間は,ほぼ横ばいのままか,あるいは延長していた.

結 論

期待に反して,マネージドケアの浸透は,医師による診察時間の短縮には結びついていなかった.観察された傾向は,医師の利用率の上昇,医師の性別分布の推移,あるいはさまざまな症例の複雑性の変化によって説明できるものではない.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2001; 344 : 198 - 204. )