The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

January 18, 2001 Vol. 344 No. 3

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

ネズミチフス血清型の Salmonella enterica の監視における分子亜型決定法の使用
Use of Molecular Subtyping in Surveillance for Salmonella enterica Serotype Typhimurium

J.B. BENDER AND OTHERS

背景

ネズミチフス血清型の Salmonella enterica(サルモネラ・エンテリカ)は,米国でサルモネラ症の患者から分離されるもっとも一般的な血清型であるために,この血清型によるサルモネラ症の異常な集積や集団発症を検出するのが困難になっている.ミネソタ州の衛生局では,公衆衛生の立場からのネズミチフス血清型の S. enterica の監視において,分子亜型決定法が有用であるかどうかを調べるために,臨床分離株の日常検査でパルスフィールドゲル電気泳動法(PFGE)を使用し始めた.

方 法

臨床検査施設から衛生局に提出されたネズミチフス血清型の S. enterica の臨床分離株すべてにおいて,1994 年から PFGE による亜型決定が開始された.そして,感染源の可能性に関する患者の面接には,標準的な質問票が用いられた.

結 果

ネズミチフス血清型の S. enterica による感染症は,1994 年から 1998 年末までに 998 例の症例報告がミネソタ州の衛生局にあった(100,000 人-年当り 4.4 例).これらの患者から分離された臨床株の 958 株(96%)に対して PFGE による検査が行われ,174 種類の泳動パターンが同定された.感染源の共通性から 16 件の集団発症が確認され,その患者数は 154 例であった. PFGE による亜型決定法によって,施設内の少数例に生じた 10 件の集団発症を確認することができた.市中規模での 6 件の大発生に関しては,そのうちの 4 件は,PFGE による亜型決定法を用いなければ,おそらく識別することができなかっただろうと考えられた.そして,この 4 件の大発生には,群発の症例として確認された 154 例のうちの 96 例(62%)が含まれていた.さらに,抗菌薬の感受性試験を行った 209 株の臨床分離株のうちの 56 株(27%)は,5 剤以上の抗菌薬に耐性化していた.そして,このような多剤耐性臨床分離株は,その PFGE パターンが他とは異なった独自のパターンであった.

結 論

ネズミチフス血清型の S. enterica の日常検査において PFGE による分子亜型決定法を用いることは,この感染症の発生に対する検出能を向上させ,多剤耐性株の同定にも役立つ.したがって,この日常の日常検査として実施するようになった分子亜型決定法を公衆衛生当局内の迅速な情報伝達方法に結びつけることによって,ネズミチフス血清型の S.enterica による感染症の監視体制を改善することができる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2001; 344 : 189 - 95. )