The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 25, 2002 Vol. 346 No. 17

営利および非営利健康維持組織の加入者による医療の評価
Assessments of Medical Care by Enrollees in For-Profit and Nonprofit Health Maintenance Organizations

H.T. TU AND J.D. RESCHOVSKY

背景

営利および非営利健康維持組織(HMO)の登録者のあいだで,医療の評価がどのように異なるかは明らかにされていない.

方 法

われわれは,HMO の営利に対する立場と,登録者の自分自身の医療に対する評価との関係を解析した.地域追跡研究(Community Tracking Study)の 2 つの全国調査,すなわち,1996~97 年の世帯調査および 1997~98 年の保険フォローバック調査のデータを利用した.最終的なサンプルは,雇用者保険に加入しており HMO を介して医療行為を受けている 65 歳以下の 13,271 名(成人 10,654 名,小児 2,617 名)であった.自分の健康状態が,すばらしい,非常に良好,良好と報告した計 12,445 名の登録者を,健康であると判断した.健康状態がまずまずまたは不良であると自己報告した 826 名を,病気であると判断した.

結 果

サンプル全体として,非営利方式の登録者は,営利方式の登録者に比べて,みずからの全般的な医療に非常に満足している割合が高かった(補正平均はそれぞれ 64.0%,58.1%,P=0.01).営利 HMO の登録者のうち,病気の登録者は,健康な登録者に比べて,要望不合致や治療の遅れを報告した割合が高く(17.4% 対 13.1%,P=0.004),医療に対する組織上のまたは管理上の障壁を報告した割合も高かった(12.9% 対 9.0%,P<0.001);また,前年の個人負担額も多いこと報告した(731 ドル 対 480 ドル,P=0.002).非営利 HMO では,健康な登録者と病気の登録者の評価に有意差が 1 つだけ認められ,病気の登録者は,医師が必要な場合に専門医への紹介を行うことに関して,より高い信頼を示した.

結 論

営利および非営利 HMO の登録者の医療に対する評価には,全般的な差はほとんど認められないが,営利 HMO は,非営利 HMO に比べて,健康状態がまずまずまたは不良であると自己報告した患者から,より好ましくない評価を受けている.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2002; 346 : 1288 - 93. )