The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 12, 2002 Vol. 347 No. 24

脚を脅かす損傷を負ったさいの再建または切断に関する転帰解析
An Analysis of Outcomes of Reconstruction or Amputation after Leg-Threatening Injuries

M.J. BOSSE AND OTHERS

背景

多くの外傷センターで,重度の損傷に対し,一次治療として切断の代りに下肢温存が行われている.しかし,下肢再建または切断後の長期転帰は,十分に評価されていない.

方 法

再建または切断にいたる重度の脚部損傷を有する患者 569 例の機能的転帰を確認するため,多施設共同前向き観察研究を行った.主要転帰指標は,自己申告による健康状態の多次元評価尺度である,疾患影響プロファイル(Sickness Impact Profile:スコア範囲 0~100;一般集団の平均スコアは 2~3,10 を超えるスコアは重度の障害を示す)とした.二次的転帰は,下肢の状態および再入院にいたる重大な合併症の有無とした.

結 果

2 年後,切断群と再建群で,疾患影響プロファイルのスコアに有意差は認められなかった(12.6 対 11.8,P=0.53).患者および損傷の特性で補正すると,切断を受けた患者の機能的転帰は,再建を受けた患者とほぼ同様であった.疾患影響プロファイルのスコアが不良であることの予測因子は,重大な合併症による再入院,低い教育レベル,有色人種,貧困,個人健康保険未加入,不良な社会的支援ネットワーク,低い自己効力感(生活活動を再開できるという患者の自信),喫煙,障害補償訴訟への関与であった.再建を受けた患者は,切断を受けた患者よりも再入院する可能性が高かった(47.6% 対 33.9%,P=0.002).切断群と再建群のほぼ同じ割合の患者が,2 年後までに仕事に復帰した(それぞれ 53.0% 対 49.4%).

結 論

切断の危険性が高い下肢を有する患者は,2 年転帰は概して,再建と切断で同等であるという助言を受けることができる.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2002; 347 : 1924 - 31. )