The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

March 18, 2004 Vol. 350 No. 12

ベトナムの患者 10 例における鳥インフルエンザ A(H5N1 型)
Avian Influenza A(H5N1)in 10 Patients in Vietnam

T.T. Hien and Others

背景

最近アジア全域で家禽類に流行している鳥インフルエンザ A(H5N1 型)は,経済と健康に重大な影響を及ぼしている.2004 年 1 月,ベトナムでこのウイルスのヒトへの感染が認められた.

方 法

2003 年 12 月および 2004 年 1 月に,ベトナムのホーチミン市とハノイ市の病院を受診し,鳥インフルエンザ A(H5N1 型)と確認された症例 10 例の臨床的特徴,および現段階での疫学的所見を報告する.

結 果

10 例全例において,ウイルス培養または H5 および N1 に特異的なプライマーを用いた逆転写ポリメラーゼ連鎖反応で,インフルエンザ A(H5N1 型)の診断が確定された.患者 10 例(平均年齢 13.7 歳)のうち,先行疾患を有していた者はいなかった.10 例中 9 例には,明らかに家禽類との直接の接触歴があった(疾患発病までの時間の中央値,3 日間).患者全例に発熱(体温 38.5~40.0℃),呼吸器症状,臨床的に顕著なリンパ球減少(リンパ球数の中央値,700/μL)が認められた.血小板数の中央値は 75,500/μL であった.7 例に下痢が認められた.全例で胸部 X 線写真に顕著な異常が認められた.ヒトからヒトへの感染を示す確定的な証拠はなかった.8 例が死亡,1 例が回復し,1 例は回復に向っている.

結 論

インフルエンザ A(H5N1 型)感染は,発熱,呼吸器症状,リンパ球減少を特徴とし,死亡するリスクが高い.10 例全例が感染家禽類から直接感染したと考えられるが,ヒトインフルエンザウイルスと遺伝子再集合を起し,ヒトからヒトへ感染するようになる可能性がある.したがって,アジア全域で家禽類のインフルエンザ A(H5N1 型)を緊急に封じ込める必要がある.

(本論文は 2004 年 2 月 25 日 www.nejm.org に発表された.)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2004; 350 : 1179 - 88. )