The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

June 10, 2004 Vol. 350 No. 24

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

進行性上咽頭癌患者における血漿 EB ウイルス DNA の定量
Quantification of Plasma Epstein-Barr Virus DNA in Patients with Advanced Nasopharyngeal Carcinoma

J.-C. Lin and Others

背景

進行性上咽頭癌患者において,EB ウイルス(EBV)DNA の血漿濃度の臨床的意義を検討した.

方 法

生検で確認された病期 III 期または IV 期の上咽頭癌で,転移のない(M0)患者 99 例を対象に,週 1 回 10 週間の化学療法を行い,その後放射線療法を行った.患者から採取した血漿検体について,リアルタイム定量ポリメラーゼ連鎖反応法を行った.血漿と原発腫瘍に由来するペア検体において,EBV の遺伝子型を比較した.

結 果

99 例中 94 例では,治療前に血漿 EBV DNA を検出することができたが,健常対照 40 例と治癒例 20 例では検出できなかった.血漿 EBV DNA 濃度の中央値は,病期 III 期の上咽頭癌患者 25 例で 681 コピー/mL,IV 期の患者 74 例で 1,703 コピー/mL,遠隔転移のある対照患者 19 例で 291,940 コピー/mL であった(P<0.001).再発患者では,再発のない患者と比較して,治療前の血漿 EBV DNA 濃度が有意に高かった(中央値 3,035 コピー/mL 対 1,202 コピー/mL;P=0.02).血漿と原発腫瘍のペア検体における EBV DNA の遺伝子型が一致していたことから,循環血中の無細胞 EBV DNA が原発腫瘍由来である可能性が示唆された.再発患者では血漿 EBV DNA 濃度がリバウンドしたが,それとは対照的に,完全寛解した患者では持続的に低値を示すか,検出できなかった.全生存率(P<0.001)と無再発生存率(P=0.02)は,治療前の血漿 EBV DNA 濃度が 1,500 コピー/mL 未満の患者と比較して,1,500 コピー/mL 以上の患者で有意に低かった.血漿 EBV DNA が持続的に検出された患者では,放射線療法完了後 1 週目に EBV DNA が検出できなかった患者と比較して,全生存率(P<0.001)と無再発生存率(P<0.001)が有意に低かった.

結 論

血漿 EBV DNA の定量は,上咽頭癌患者のモニタリングと治療転帰の予測に有用である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2004; 350 : 2461 - 70. )