The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

June 23, 2005 Vol. 352 No. 25

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

HCV 遺伝子型 2 または 3 に対するペグインターフェロン α-2b+リバビリンの 12 週投与と 24 週投与の比較
Peginterferon Alfa-2b and Ribavirin for 12 vs. 24 Weeks in HCV Genotype 2 or 3

A. Mangia and Others

背景

遺伝子型が 2 型または 3 型の C 型肝炎ウイルス(HCV)に感染し,4 週間の治療後に HCV RNA が検出されない患者では,12 週間の治療は 24 週間の治療と同程度有効であるという仮説を立てた.

方 法

計 283 例の患者を,ペグインターフェロン α-2b(1.0 μg/kg/週)+リバビリン(体重に応じて 1,000 mg/日または 1,200 mg/日)による標準の 24 週レジメンに無作為に割付けた.このうち 70 例を 24 週のレジメン(標準期間群)に,213 例を 12 週または 24 週のレジメン(可変期間群)に割付けた.可変期間群の治療期間は,4 週の時点で HCV RNA 検査が陰性か陽性かによって決定した.主要エンドポイントは,治療終了後 24 週の時点で,ポリメラーゼ連鎖反応(PCR)法で HCV が検出されないこととした.

結 果

4 週の時点で,PCR 法で HCV が検出されなかったのは,標準期間群では 45 例(64%)であったのに対し,可変期間群では 133 例(62%)であった(差 [標準期間群の割合と可変期間群の割合の差],2%;95%信頼区間 -11~15%).標準期間群の 53 例(76%)と可変期間群の 164 例(77%)にウイルス学的反応が持続した(差 -1%,95%信頼区間 -13~10%).可変期間群では,12 週レジメンを受けた患者のほうが 24 週レジメンを受けた患者よりも有害事象の発生が少なく,治療の中断も少なかった(P=0.045).再発率(治療終了時に HCV が検出されず,追跡終了時に検出されることと定義)は,標準期間群で 3.6%,可変期間群で 8.9%であった(P=0.16).全体では,ウイルス学的反応が持続する割合は,HCV の遺伝子型が 2 型の患者では 80%,3 型の患者では 66%であった(P<0.001).

結 論

遺伝子型が 2 型または 3 型の HCV に感染し,4 週の時点で治療が奏効した患者では,ペグインターフェロン α-2b+リバビリンの 12 週の短期治療は,24 週治療と同程度有効である.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2005; 352 : 2609 - 17. )