The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

日本語アブストラクト

June 30, 2005 Vol. 352 No. 26

Share

Share on Facebook
Facebookで共有する
Share on Twitter
Twitterでつぶやく
Share on Note
noteに投稿する

RSS

RSS

HBeAg 陽性の慢性 B 型肝炎に対するペグインターフェロンα-2a,ラミブジン,およびその併用
Peginterferon Alfa-2a, Lamivudine, and the Combination for HBeAg-Positive Chronic Hepatitis B

G.K.K. Lau and Others

背景

慢性 B 型肝炎に対する現在の治療は不十分である.よりよい治療法を検討するため,B 型肝炎 e 抗原(HBeAg)陽性の慢性 B 型肝炎の治療において,ペグインターフェロン α とラミブジンの併用,ペグインターフェロン α 単独,およびラミブジン単独の有効性と安全性を比較した.

方 法

HBeAg 陽性の慢性 B 型肝炎患者計 814 例に,ペグインターフェロン α-2a(週 1 回 180 μg)+経口プラセボ,ペグインターフェロン α-2a+ラミブジン(100 mg/日),またはラミブジン単独のいずれかを投与した.この研究の対象となった患者は,大多数がアジア人であった(87%).大半の患者は,遺伝子型が B または C の B 型肝炎ウイルス(HBV)に感染していた.患者を 48 週治療し,その後さらに 24 週追跡した.

結 果

24 週間の追跡後,ペグインターフェロン α-2a 単独またはペグインターフェロン α-2a+ラミブジンの投与を受けた患者では,ラミブジン単独投与を受けた患者よりも HBeAg セロコンバージョン率が有意に高く(それぞれ 32% 対 19% [P<0.001],27% 対 19% [P=0.02]),HBV DNA 量が 100,000 コピー/mL 未満である患者が有意に多かった(それぞれ 32% 対 22% [P=0.01],34% 対 22% [P=0.003]).ペグインターフェロン α-2a(単独または併用)の投与を受けた患者 16 例で B 型肝炎表面抗原(HBsAg)のセロコンバージョンがみられたのに対し,ラミブジン単独投与を受けた患者では 0 例であった(P=0.001).もっとも多かった有害事象は,インターフェロン α による治療で発生することが判明しているものであった.重篤な有害事象は,ペグインターフェロン α-2a 単独療法群患者の 4%,併用療法群患者の 6%,ラミブジン単独療法群患者の 2%で起った.治療中止後,ラミブジン単独療法群患者の 2 例に不可逆的な肝不全が生じ,うち 1 例は肝移植を受け,もう 1 例は死亡した.

結 論

HBeAg 陽性の慢性 B 型肝炎患者において,ペグインターフェロン α-2a は,HBeAg セロコンバージョン,HBV DNA 抑制,HBsAg セロコンバージョンに基づいた評価で,ラミブジンよりも優れた有効性を示した.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2005; 352 : 2682 - 95. )