The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

March 29, 2007 Vol. 356 No. 13

乳癌の診断を受けて間もない女性における対側乳房の MRI 評価
MRI Evaluation of the Contralateral Breast in Women with Recently Diagnosed Breast Cancer

C.D. Lehman and Others

背景

視触診とマンモグラフィによる評価を注意深く行っても,片側乳癌の治療を受けた女性の 10%では対側乳癌が発見されている.片側乳癌の最初の診断を受けた直後の対側乳癌の発見において,磁気共鳴画像検査(MRI)が視触診とマンモグラフィにまさるか否かを判定するための研究を行った.

方 法

片側乳癌の診断を受けたばかりで,マンモグラフィ検査と視触診では対側乳房に異常がみられなかった女性計 969 例に,乳房 MRI を実施した.MRI で発見された癌の診断は,研究への組入れから 12 ヵ月以内に生検で確認した.癌が存在しないことの確認は,1 年後の追跡検査での生検,または再度行った画像診断と視触診での陽性所見の欠如,あるいはその双方で行った.

結 果

MRI により,研究に組み入れられた女性 969 例中 30 例(3.1%)で,視触診やマンモグラフィでは発見されなかった対側乳癌が発見された.対側乳房における MRI の感度は 91%,特異度は 88%であった.MRI の陰性適中率は 99%であった.MRI の陽性所見に基づいて 969 例のうち 121 例(12.5%)に生検を実施したところ,30 例(24.8%)の検体が癌陽性を示し,うち 18 例は浸潤癌陽性であった.発見された浸潤癌の直径は平均 10.9 mm であった.追加で発見された癌の数は,乳腺密度,閉経状態,原発腫瘍の組織学的特徴とは無関係であった.

結 論

最初の乳癌診断時にマンモグラフィや視触診で見落とされる対側乳癌は,MRI により発見することができる.(ClinicalTrials.gov 番号:NCT00058058)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2007; 356 : 1295 - 303. )