The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 12, 2007 Vol. 356 No. 15

2 型糖尿病に対するインターロイキン-1 受容体拮抗薬
Interleukin-1-Receptor Antagonist in Type 2 Diabetes Mellitus

C.M. Larsen and Others

背景

2 型糖尿病患者の膵島ではインターロイキン-1 受容体拮抗物質の発現が低下しており,ヒト膵 β 細胞ではグルコース濃度の上昇によりインターロイキン-1β の産生が誘導されるため,インスリン分泌障害,細胞増殖の低下,アポトーシスが起きる.

方 法

2 型糖尿病患者 70 例を対象としたこの二重盲検並行群間比較試験では,34 例をアナキンラ(anakinra;組換えヒトインターロイキン-1 受容体拮抗薬)100 mg を 1 日 1 回,13 週間皮下注射する群に,36 例をプラセボ群に無作為に割り付けた.ベースラインと 13 週目に,すべての患者に経口ブドウ糖負荷試験を行い,その後,グルコース 0.3 g/kg 体重,グルカゴン 0.5 mg,アルギニン 5 g の静脈内ボーラス投与を行った.さらに,35 例に高インスリン正常血糖クランプ法を行った.主要エンドポイントは糖化ヘモグロビン値の変化とし,副次的エンドポイントは β 細胞機能,インスリン感受性,炎症マーカーの変化とした.

結 果

13 週の時点で,アナキンラ群ではプラセボ群と比較して,糖化ヘモグロビン値が 0.46 パーセントポイント低く(P=0.03),C-ペプチド分泌が亢進し(P=0.05),プロインスリン/インスリン比(P=0.005),インターロイキン-6 濃度(P<0.001),C 反応性蛋白値(P=0.002)が低下した.インスリン抵抗性,骨格筋のインスリン調節性遺伝子発現,血清アディポカイン濃度,体格指数(BMI)は,両群で同程度であった.症候性低血糖は観察されず,薬剤に関連すると考えられる重篤な有害事象は認められなかった.

結 論

アナキンラを用いてインターロイキン-1 を阻害することにより,血糖異常と β 細胞分泌機能が改善し,全身性炎症マーカーが減少した.(ClinicalTrials.gov 番号:NCT00303394)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2007; 356 : 1517 - 26. )