The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 6, 2007 Vol. 357 No. 23

小児期の体格指数と成人期の冠動脈性心疾患のリスク
Childhood Body-Mass Index and the Risk of Coronary Heart Disease in Adulthood

J.L. Baker, L.W. Olsen, and T.I.A. Sorensen

背景

小児肥満の蔓延が,世界規模で警戒すべき速度で進んでいる.冠動脈性心疾患(CHD)の危険因子は,過体重の小児においてすでに認められている.しかし,小児期の過体重が CHD に及ぼす長期的影響の重大性は,これまで明らかにされていない.

方 法

小児期(7~13 歳)の体格指数(BMI)と成人期(25 歳以上)の CHD との関連を,出生体重で補正した場合としない場合とで検討した.対象者は,身長および体重の測定値が入手できたデンマーク人の児童 276,835 例のコホートであった.CHD イベントは全国登録とのリンケージにより確認した.Cox 回帰分析を実施した.

結 果

5,063,622 人年の追跡調査期間中,小児期の BMI のデータを入手できた男性 10,235 例と女性 4,318 例が,成人してから CHD の診断を受けたか,CHD により死亡した.成人期の全 CHD イベント,非致死的イベント,致死的イベントのリスクは,男性では 7~13 歳時の BMI,女性では 10~13 歳時の BMI と正の関連を示した.この関連は各年齢について線形であり,リスクは BMI の分布全体で増加した.さらに,小児の年齢が上がるにつれてリスクは増加した.出生体重で補正したところ,結果はさらに強固なものとなった.

結 論

小児期の BMI 高値は,成人期における CHD のリスク増加と関連する.この関連は,女児より男児で強く,男女ともに加齢に伴って増加した.この所見から,世界中で小児の体重が増加するに従い,成人になって CHD に罹患するリスクを有する人の数が増えることが示唆される.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2007; 357 : 2329 - 37. )