The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 16, 2008 Vol. 359 No. 16

染色体 1q21.1 の反復性再構成と小児における多様な表現型
Recurrent Rearrangements of Chromosome 1q21.1 and Variable Pediatric Phenotypes

H. Mefford and Others

背景

ヒトゲノムの重複と欠失は疾患を引き起こしたり,疾患にかかりやすくしたりする.このような変化を検出する技術の進歩により,多数の患者において,超顕微鏡的な不均衡(submicroscopic imbalance)をルーチンに同定することが可能になる.

方 法

原因不明の精神遅滞,自閉症,先天性奇形を有する患児群と,障害のない対照群の 2 群を対象として,染色体 1q21.1 の特定領域における微小欠失と微小重複の有無を調べた.

結 果

患児 5,218 例を対象としたスクリーニングにより,1q21.1 に反復性の 1.35 Mb の欠失を有する 25 例を同定した.この微小欠失は,8 例が新規発生(de novo)であり,3 例は軽度の障害を有する親から遺伝し,6 例は一見障害のない親から遺伝し,8 例は遺伝経路不明であった.一連の対照群 4,737 例では欠失は認められなかった(P=1.1×10-7).微小欠失の表現型の発現にはかなりのばらつきがみられ,表現型は軽度~中等度の精神遅滞,小頭症,心奇形,白内障などであった.相互重複(reciprocal duplication)は,精神遅滞または自閉症スペクトル障害で,さまざまな特徴を有する小児 9 例で頻度が高かった(P=0.02).精神遅滞と先天性奇形を有する独立したサンプル 788 例の 1q21.1 領域に,3 つの欠失と 3 つの複製を同定した.

結 論

反復性の染色体構造異常が同定された.これにより,症候に基づく分類を回避することが可能となり,疾患の発現を特定の疾患に帰することなく,発達というより広い背景のもとで検討されるようになるだろう.これらの異常を有する患者の臨床診断は,表現型ではなく遺伝子型をもとにすることで,もっとも容易になる可能性がある.

本論文(10.1056/NEJMoa0805384)は,2008 年 9 月 10 日に www.nejm.org で発表された.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2008; 359 : 1685 - 99. )