The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

April 28, 2011 Vol. 364 No. 17

リンパ脈管筋腫症に対するシロリムスの有効性と安全性
Efficacy and Safety of Sirolimus in Lymphangioleiomyomatosis

F.X. McCormack and Others

背景

リンパ脈管筋腫症(LAM)は,女性にみられる進行性の嚢胞性肺疾患である.LAM は,細胞増殖とリンパ管新生を調節する哺乳類ラパマイシン標的蛋白(mTOR)シグナル伝達の,不適切な活性化と関連している.シロリムス(ラパマイシンとも呼ばれる)は mTOR を阻害し,LAM 患者も対象に含まれた第 1~2 相試験では期待できる結果が示されている.

方 法

中等度の肺機能障害を有する LAM 患者 89 例を対象に,シロリムスとプラセボの無作為化二重盲検比較を 12 ヵ月間行い,その後 12 ヵ月間観察する 2 段階の試験を行った.主要エンドポイントは,1 秒量(FEV1)の変化率(勾配)の群間差とした.

結 果

治療期間中のFEV1 の勾配は,プラセボ群(43 例)-12±2 mL/月,シロリムス群(46 例)1±2 mL/月であった(P<0.001).治療期間中の FEV1 の変化(平均)の群間差の絶対値は 153 mL であり,登録時の平均 FEV1 の約 11%であった.シロリムス群では,ベースラインから 12 ヵ月までに,プラセボ群と比較して,努力性肺活量,機能的残気量,血清血管内皮増殖因子 D(VEGF-D)濃度,QOL・機能的能力スコアが改善した.同期間の 6 分間歩行距離と一酸化炭素肺拡散能の変化には,有意な群間差は認められなかった.投与中止後,シロリムス群では肺機能が再び低下し始め,プラセボ群と平行して低下した.有害事象はシロリムス群でより多く発生したが,重篤な有害事象の頻度に 2 群間で有意差は認められなかった.

結 論

LAM 患者において,シロリムスは肺機能の安定化と血清 VEGF-D 濃度の低下をもたらし,症状軽減と QOL 向上にも関連していた.シロリムスによる治療は,特定の LAM 患者に有用である可能性がある.(米国国立衛生研究所ほかから研究助成を受けた.MILES ClinicalTrials.gov 番号:NCT00414648)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2011; 364 : 1595 - 606. )