The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

May 19, 2011 Vol. 364 No. 20

セレンと軽度のグレーブス病(バセドウ病)眼症の 経過
Selenium and the Course of Mild Graves' Orbitopathy

C. Marcocci and Others

背景

酸素フリーラジカルとサイトカインは,グレーブス病(バセドウ病)眼症の病因の一端を担っている.

方 法

無作為化二重盲検プラセボ対照試験において,軽度のバセドウ病眼症患者 159 例を対象に,セレン(抗酸化薬)とペントキシフィリン(抗炎症薬)の効果を検討した.患者に,セレン(100 μg 1 日 2 回),ペントキシフィリン(600 mg 1 日 2 回),プラセボ(1 日 2 回)のいずれかを 6 ヵ月間経口投与し,投与終了後 6 ヵ月間追跡した.主要転帰は,6 ヵ月の時点での,治療割付けを知らされていない眼科医が行う眼の全般的評価と,患者によるバセドウ病眼症に特異的な QOL 質問票スコアとした.副次的転帰は,臨床的活動性スコアと,複視スコアとした.

結 果

6 ヵ月の時点の評価で,プラセボ群と比較して,セレン群では QOL の改善が認められ(P<0.001),眼症状がより少なく(P=0.01),バセドウ病眼症の進行が抑制されたが(P=0.01),これらはペントキシフィリン群では認められなかった.臨床的活動性スコアは全群で低下したが,セレン群における変化は有意に大きかった.12 ヵ月の時点での探索的評価により,6 ヵ月の時点での結果が確認された.プラセボ群の 2 例とペントキシフィリン群の 1 例は,病態の悪化により免疫抑制療法を要した.セレン群では有害事象は認められなかったが,ペントキシフィリン群では高頻度に胃腸症状が認められた.

結 論

軽度のバセドウ病眼症患者に対するセレン投与により,QOL の有意な改善が認められ,眼症状が減少し,疾患の進行が抑制された.(ピサ大学,イタリア教育・大学・研究省から研究助成を受けた.EUGOGO Netherlands Trial Register 番号:NTR524)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2011; 364 : 1920 - 31. )