The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

February 17, 2011 Vol. 364 No. 7

膠芽腫における NFKBIA 欠失
NFKBIA Deletion in Glioblastomas

M. Bredel and Others

背景

上皮成長因子受容体(EGFR)癌遺伝子の増幅と活性型変異は,膠芽腫の分子的特徴である.われわれは,EGFR シグナル伝達経路を阻害する NFKBIA(B 細胞核内 κ 軽鎖ポリペプチド遺伝子エンハンサーインヒビターα)が欠失すると,EGFR の変化を伴わずに膠芽腫の腫瘍形成が促進されるという仮説を立てた.

方 法

790 個のヒト膠芽腫について,NFKBIAEGFR の欠失,変異,発現を解析し,培養腫瘍細胞中の NFKBIA の癌抑制活性を検討した.この分子的評価の結果を,570 例の患者の膠芽腫の転帰と比較した.

結 果

膠芽腫では NFKBIA 欠失の頻度は高いが,NFKBIA 変異は認められない.ほとんどの欠失は膠芽腫の非典型的な亜型で認められる.NFKBIA 欠失と EGFR 増幅は,相互に排他的なパターンを示す.NFKBIA 欠失腫瘍に由来する培養細胞で NFKBIA の発現を回復させると,悪性の表現型が弱まり,化学療法に対する脆弱性が強まった.また,EGFR 増幅細胞の生存能も低下したが,NFKBIAEGFR の遺伝子量が正常な細胞では生存能の低下は認められなかった.NFKBIA の欠失と発現低下は転帰不良と関連していた.NFKBIA 欠失腫瘍を有する患者の転帰は,EGFR 増幅腫瘍を有する患者の転帰と類似しており,NFKBIAEGFR の遺伝子量が正常な腫瘍を有する患者の転帰に比べて不良であった.NFKBIA と O6-メチルグアニン DNA メチルトランスフェラーゼの 2 遺伝子の発現に基づくモデルは,膠芽腫の臨床経過との強い関連を示した.

結 論

NFKBIA 欠失は,膠芽腫の病理において EGFR 増幅による影響と類似した影響を及ぼし,相対的に短い生存期間と関連する.

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2011; 364 : 627 - 37. )