The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

October 6, 2011 Vol. 365 No. 14

ジエチルスチルベストロールに子宮内曝露された女性における有害健康転帰
Adverse Health Outcomes in Women Exposed In Utero to Diethylstilbestrol

R.N. Hoover and Others

背景

1971 年以前に,妊娠合併症の予防を目的として母親に投与されたジエチルスチルベストロール(DES)に子宮内曝露された女性は数百万人にのぼる.いくつかの有害転帰がそのような曝露と関連付けられているが,その蓄積作用は十分に解明されていない.

方 法

1970 年代に開始され,長期にわたる追跡が行われた 3 件の研究から,DES に子宮内で曝露された女性 4,653 例と曝露されなかった対照 1,927 例のデータを統合した.45 歳までの生殖に関する転帰の累積リスク,55 歳までのその他の転帰の累積リスクをはじめとする,DES 曝露と関連付けられた 12 項目の有害転帰のリスクを評価し,これらのリスクとベースラインの腟上皮変化の有無との関連を検討した.腟上皮変化は,より高用量,より早期の子宮内 DES 曝露との相関が示されている.

結 果

DES 曝露女性における累積リスクは,非曝露女性のリスクと比較して以下のとおりであった:不妊 33.3% 対 15.5%(ハザード比 2.37,95%信頼区間 [CI] 2.05~2.75);自然流産 50.3% 対 38.6%(ハザード比 1.64,95% CI 1.42~1.88);早期産 53.3% 対 17.8%(ハザード比 4.68,95% CI 3.74~5.86);妊娠第 2 期の流産 16.4% 対 1.7%(ハザード比 3.77,95% CI 2.56~5.54);子宮外妊娠 14.6% 対 2.9%(ハザード比 3.72,95% CI 2.58~5.38);妊娠高血圧腎症 26.4% 対 13.7%(ハザード比 1.42,95% CI 1.07~1.89);死産 8.9% 対 2.6%(ハザード比 2.45,95% CI 1.33~4.54);早期閉経 5.1% 対 1.7%(ハザード比 2.35,95% CI 1.67~3.31);グレード 2 以上の子宮頸部上皮内腫瘍 6.9% 対 3.4%(ハザード比 2.28,95% CI 1.59~3.27);40 歳以降での乳癌 3.9% 対 2.2%(ハザード比 1.82,95% CI 1.04~3.18).曝露群では,ほとんどの転帰について,リスクは腟上皮変化が認められた女性のほうが,認められなかった女性よりも高かった.

結 論

女性における DES 子宮内曝露は,さまざまな有害健康転帰の生涯リスクの上昇に関連する.(米国国立がん研究所から研究助成を受けた.)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2011; 365 : 1304 - 14. )