The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

Share

RSS

日本語アブストラクト

December 5, 2013 Vol. 369 No. 23

APOL1 リスク多様体,人種,および慢性腎臓病の進展
APOL1 Risk Variants, Race, and Progression of Chronic Kidney Disease

A. Parsa and Others

背景

米国の慢性腎臓病(CKD)患者のうち,黒人患者は白人患者と比較して末期腎不全(ESRD)のリスクが高い.

方 法

2 つの研究において,アポリポ蛋白 L1 をコードする遺伝子(APOL1)の多様体が CKD の進展に及ぼす影響を検討した.アフリカ系アメリカ人の腎障害と高血圧に関する研究(AASK)では,高血圧に起因する CKD の黒人患者 693 例を評価した.慢性腎不全コホート(CRIC)研究では,CKD の白人患者と黒人患者 2,955 例(46%が糖尿病)を,高リスク APOL1 多様体の数が 2 コピー(APOL1 高リスク群)か,0 または 1 コピー(APOL1 低リスク群)かに基づいて評価した.AASK 研究における主要転帰は,ESRD 発症と血清クレアチニン値倍増の複合とした.CRIC 研究における主要転帰は,推算糸球体濾過量(eGFR)の傾きと,ESRD 発症または eGFR のベースラインからの 50%の低下の複合とした.

結 果

AASK 研究の主要転帰は,APOL1 高リスク群患者の58.1%,APOL1 低リスク群患者の 36.6%で発生した(高リスク群のハザード比 1.88,P<0.001).APOL1 多様体と,試験による介入やベースラインの蛋白尿とのあいだに相互作用は認められなかった.CRIC 研究では,APOL1 高リスク群の黒人患者は,糖尿病罹患例,非罹患例ともに,白人患者よりも eGFR の低下が速く,腎臓の複合転帰のリスクが高かった(全比較について P<0.001).

結 論

APOL1 における腎リスク多様体は,黒人患者において,糖尿病の有無にかかわらず,ESRD の発症率と CKD の進展率が高いことに関連していた.(米国国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所ほかから研究助成を受けた.)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2013; 369 : 2183 - 96. )