The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE

日本国内版

年間購読お申込み

Share

RSS

日本語アブストラクト

September 24, 2015 Vol. 373 No. 13

中心静脈カテーテルの挿入部位別血管内合併症
Intravascular Complications of Central Venous Catheterization by Insertion Site

J.-J. Parienti and Others

背景

中心静脈カテーテルの挿入には通常 3 つの解剖学的部位が用いられるが,それぞれの部位に重大な合併症の可能性がある.

方 法

この多施設共同試験では,集中治療室(ICU)に入室した成人患者に対する非トンネル型中心静脈カテーテルの挿入部位を,鎖骨下静脈,内頸静脈,大腿静脈に無作為に割り付けた(3 つの部位がすべて適している場合,患者を 1:1:1 の割合で割り付け [3 選択肢比較],2 つの部位が適している場合,患者を 1:1 の割合で割り付けた [2 選択肢比較]).主要評価項目は,カテーテル関連血流感染と症候性深部静脈血栓症の複合とした.

結 果

3,027 例に 3,471 本のカテーテルを挿入した.3 選択肢の比較では,主要評価項目イベントは,鎖骨下静脈群で 8 件,内頸静脈群で 20 件,大腿静脈群で 22 件認められた(1,000 カテーテル・日あたりそれぞれ 1.5,3.6,4.6,P=0.02).一対比較では,主要評価項目リスクは,大腿静脈群のほうが鎖骨下静脈群よりも有意に高く(ハザード比 3.5,95%信頼区間 [CI] 1.5~7.8,P=0.003),内頸静脈群も鎖骨下静脈群より有意に高かったが(ハザード比 2.1,95% CI 1.0~4.3,P=0.04),大腿静脈群と内頸静脈群のリスクは同程度であった(ハザード比 1.3,95% CI 0.8~2.1,P=0.30).3 選択肢比較では,胸腔チューブ挿入を必要とする気胸が鎖骨下静脈群で 13 件(1.5%),内頸静脈群で 4 件(0.5%)発生した.

結 論

この試験において,鎖骨下静脈カテーテル挿入は,内頸静脈カテーテル挿入,大腿静脈カテーテル挿入と比較して,血流感染と症候性血栓症のリスクが低いこと,気胸のリスクが高いことと関連した.(フランス保健省臨床研究病院プログラムから研究助成を受けた.ClinicalTrials.gov 登録番号 NCT01479153)

英文アブストラクト ( N Engl J Med 2015; 373 : 1220 - 9. )